【YouTube】動画編集を外注したらヤバい奴が来た話【体験談】

2020年4月8日

副業として、YouTubeを始める人も増えてきましたが、動画の編集は外注を考えることもありますよね。

しかし、ネット上にはヤバい編集者もいたりするので、外注は注意が必要です。

はじめに

YouTubeのチャンネルを開設しました、作業療法士のコージです!

最初に予定をしていた、動画編集者とは揉めてしまったのですが、こんなツイートをしました↓

この人との、実際の打ち合わせがこちらです↓

最初から、難病・障害についての制度を、解説する動画だと説明をしていましたが、一本2分以内にしろと逆ギレされたり、散々でした😱

そもそも、YouTubeで8分って普通だと思うんですが…

ツイッターには、変な人も多いので、外注の勉強になりました。 https://t.co/3MCnn7nR7L pic.twitter.com/9JMzScSl5f

一本の動画は、2分以内にしろと強制をしてきたり、色々とヤバい人でした。

ツイッター経由で動画編集を外注することになった

まずは、この人に動画編集を依頼するまでの経緯について、紹介をしていきます。

知人からの紹介

この編集者とは、ツイッターを通して知り合ったのですが、知人が私を紹介したようです。

紹介された理由は、こちらの記事で触れているので、興味のある方は読んでみてください↓

【自称】カウンセラーが多すぎ問題【それは詐欺ですよ】

この記事で登場する、自称HSPブロガーが紹介者、動画編集者がレゴファシリテーターの人になりますが、とにかく悪質で最悪な人たちでした。

外注の条件

外注をすることになり、お互いに決めた条件は、下記のようなものです。

・無料で編集してもらう代わりに、私が相手の事業に協力をする

・もしも今後、収益化できるようになった場合には、利益の50%を分配する

しかし、この条件については、本当に後悔をしています。

たとえ、お金を支払ったとしても、優秀な動画編集者を探すべきでした。

知人からの紹介や、金銭のやり取りが発生しない契約というものは、問題が起こりやすいので危険です。

友人や知人などと、共同でYouTubeを始める人も多いと思いますが、本気で取り組むのであれば、注意が必要になります。

約束も納期も守らない最低な動画編集者でした

知人からの紹介後、打ち合わせも兼ねてビデオ通話でやり取りをしたのですが、とにかく人の話を聞かない印象でした。

しかも、本人の実績はゼロのくせに、やたらとプライドが高くて偉そうです。

この時点で、話を断ればよかったのですが…

やはり、知人からの紹介というものは、やっかいですね。

信用ができなかったので、YouTubeの動画に入る前に簡単な編集をしてもらい、この人の実力を見極めることにしました。

私がツイッターにあげた、この1分程度の動画です↓

1カ月過ぎても謝罪もなし

1分程度の動画ですし、編集も難しい内容は要求はしていません。

にもかかわらず、予定していた日が過ぎても動画は送られてこないうえに、1カ月が過ぎてしまいました。

私への謝罪もなく、ツイッターではやたらと忙しいアピールをしていましたが、人としてもありないですね。

この人は、自称フリーランスを名乗っていますが、忙しくてできないアピールをする人に、仕事を頼みたいとは思いません。

フリーランスの人が、忙しいを口にしたら仕事はやってきませんし、終わりです。

そして、納期も守らずに連絡・謝罪もしないというのは、論外です。

この動画は、有耶無耶になってしまいましたが、本人がYouTubeは大丈夫だと言い張るので、とりあえず一本作ってみることになります。

しかし、よく考えたら、1分の動画も完成できないような編集者に、まともにYouTubeの動画編集ができるわけがありませんでした。

謎に上から目線

あげくの果てには、この人は私に意味不明な指示を出してきたり、実績もないくせに謎に上から目線でした。

この記事の、最初に貼ったツイッターに、実際のLINEでのやり取りをあげていますが…

一本の動画は、2分以内にしろと強制をしてきたり、まったく意味が分かりませんでした。

YouTubeについては、しっかりとやると言い張ったくせに、8分の動画は俺には無理だと逆ギレをしてきたり、もう散々です。

さすがに、知人からの紹介とはいえ、我慢ができなくなったため、連絡先をすべてブロックして関係性を絶つことにしました。

外注をするときには、実績がないくせに上から目線の、編集者を気取っているような人間には、要注意です。

人の話を聞かない動画編集者に外注することはやめよう

結局は、このブログのデザインなども担当してくれた、ノリBOYさんという方に、専属の動画編集者としてお願いをすることになりました。

ノリBOYさんは、フリーランス歴20年ほどの超ベテランですが、今回の件についてこんなツイートをしていました↓

自己中心的な人の考えの押しつけ。
としか言いようがない。

自分がどう感じるか?など関係なく、読者がどう感じるか?を優先しないと優良なコンテンツなどできません。 https://t.co/um9FfcF90m

このツイートが、本質だと思います。

ユーザー目線が大事

YouTubeについては、始めたばかりであり、私はまったくの素人ですが、このブログは1万PVで収益は10万円を達成しています。

単価にすると、1PV=10円になりますが、それを達成した方法はとにかく目線を下げて、読者に寄り添うことを意識したからです。

これは、YouTubeについても同じなはずです。

自分がどう感じるかよりも、視聴者がどう感じるかが大事だと思います。

動画編集者が、こちらの話を聞かないのであれば、良いコンテンツを作ることはできません。

ネット上には、プライドが無駄に高かったり、人の話を聞かない編集者がいたりしますが、こういう人間は避けるべきでしょう。

終わりに

知人からの紹介であり、油断をしてしまいましたが、かなりの時間を無駄にしました。

時間は有限ですし、ヤバい動画編集者に外注をしてしまうと、このように悲惨なことになってしまいます。

これから、YouTubeを始める人や外注を考えている方の、参考になれば幸いです。

よかったら、チャンネル登録もよろしくお願いします。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

難病の私ですが、現在はフリーランスとして在宅で仕事をしています。

ここまでくるには、かなりの遠回りをしてしまったため、効率的にWebデザイナーになる方法を解説しました。

この方法なら、お金をかけずに、無料でスキルを身に着けることも可能です。

自分のすべてを注ぎ込んで執筆をしたので、在宅ワークを考えている方はぜひご参考ください↓

【Webデザイナーになるには?】職業訓練は無理です【効率的な方法】

 

国の障害者雇用の水増し問題は記憶に新しいですが、公的機関であるハローワークの実態もかなりひどいものになっています。

こちらの記事では、難病の私が実際に、ハローワークの専門援助を受けた経験を紹介しています。

合わせて、障害者雇用専門の転職エージェントについても解説をしているので、障害者手帳をお持ちの方は参考にして頂ければと思います。

ハローワークの専門援助は、最低でした↓

【障害者雇用】ハローワークの専門援助はやめとけ!【最低です】