【自称】カウンセラーが多すぎ問題【それは詐欺ですよ】

世の中には、「自称〇〇カウンセラー」で溢れていますが、実際には何の資格も持っていないケースも多いです。

心の弱みにつけこんで、高額なカウンセリング料金をとろうとしてきますが、絶対にだまされてはいけません。

はじめに

精神分野が専門になります、作業療法士のコージです!

先日に、このようなツイートをしました↓

自称 #HSP だというだけで、カウンセラーを気取っていますが、心理学や精神医学の知識はなく、ただの素人です。

HSPだからといって、特別な能力者でも、なんでもありませんよ😄

勘違いをするのは、やめましょう。

ネット上には、このような詐欺まがいの人間が多いので、注意が必要です。

実在した自称カウンセラー達について

私は、精神分野の作業療法士ですが、このブログやツイッターを通して、自称カウンセラー達から共同で事業をしないかと勧誘をされたことがあります。

もちろん、手口が悪質だったために断りましたが、まずは実在した自称カウンセラーを紹介していきます。

自称HSPカウンセラー

【自称】HSPの人達がうざい件【SNSヤバすぎ】

という記事を書きましたが、このなかで登場する、自称HSPブロガーはカウンセリングもやっているようです。

ただ単に、HSPを自称しているだけであって、資格などは一切持っていません。

そもそも、HSPとはあくまでも心理学上の概念です↓

【HSP】自己診断はかなり危険です【だったら何ですか?】

このブロガーは、「生きづらさ研究室」というオンラインサロンを運営しているようですが、自称HSPカウンセラーだからといって、まともなカウンセリングができるワケがありません。

それどころか

「発達障害の支援をしたいので、勉強を始めました!」

などと言い出して、自身のサロンに精神障害者の勧誘をしています。

オンラインサロンには、精神に障害を抱えている人や、生き方に悩んでいる方々が加入をしているようですが、手口があまりにも悪質です。

レゴファシリテーター

2017年の4月1日、日本では初のレゴランドが開園したことが話題になりましたが、レゴファシリテーターというものがあるようです。

あまり、詳しくは知りませんが、レゴシリアスプレイを通して、コンサルタントやコーチングなどを行っていくものになります。

上記の、自称HSPカウンセラーと組んで、悪質なカウンセリングを行っているファシリテーターがいました。

しかし、認定ファシリテーターというものは、お金さえ支払えば4日間で誰でもなれるようです↓

正規料金    :385,500円 (+ 10%消費税) = 総額 424,050円

早期割引適応料金:348,000円(+10%消費税) = 総額382,800円
*早期割引指定期日までに支払の場合

なお、4日間の全日程に中断なく参加いただくことが受講修了認定の必須条件ですのでご注意ください。)

引用:株式会社ロバート・ラスムセン・アンド・アソシエイツ

別に、レゴファシリテーター自体を否定するつもりはありませんが、心理学や精神医学は素人なはずです。

このファシリテーターも、自称HSPだそうですが

「レゴをやれば人の心理をすべて読める!」

と豪語していました。

いやいや、そんなワケがありません。

私は精神科の病院で、患者さん方と一緒に作業療法を行ってきましたが、そんなの絶対に無理だと断言します。

先ほどの、自称HSPカウンセラーと一緒に、高額な参加費をとって色々とやっているようですが、こちらも悪質です。

この二人は、作業療法士の私を仲間に加えることで信頼性が高まり、もっと儲けられると考えたのでしょうが、話を断って連絡先を完全にブロックしました。

自分で名乗っているだけで資格が存在しないケースも多い

自称カウンセラーは、「〇〇認定協会所属~」と名乗っていることもありますが、そんな資格はそもそも存在しないケースも多いです。

詐欺の手口

本来は存在しないのに、「〇〇協会、〇〇認定カウンセラー」などと名前をつけて信頼性を高めることは、よくある詐欺の手口です。

インターネット上には、このような情報で溢れていますが、本当にそれはしっかりとした資格ですか?

民間の資格でも、信用度が高いものもありますが、国から本当に認められているものは国家資格です。

心理学や精神医学に精通する、国家資格としては

・私のような作業療法士

・臨床心理士

・精神保健福祉士

などがあげられます。

民間の資格を、絶対に信用するなと言うつもりはありませんが、勝手に名乗っているだけで、最初から資格自体が存在しない場合もあります。

ネットの情報は、あまり信用せずに、本当に信用できる資格なのか調べることも必要です。

アドラーブームに乗っかっている

つい最近、「嫌われる勇気」と「幸せになる勇気」という二冊の本がベストセラーとなり、アドラー心理学のブームが起こっています。


実は私も、この二冊を所持していますが、アドラーブームに乗っかる悪質な自称カウンセラーも増えてきました。

このような人達の特徴として、やたらとアドラーの「課題の分離」というものを強調してきます。

アドラー心理学では、自分と相手の問題を分けて考える、課題の分離という考え方が有名ですよね。

しかし、アドラーの心理学については、何もそれだけではありません。

こういう人に言いたいのですが

本当に、アドラーについて知っていますか?

たった二冊の本を読んだだけで、完全に理解したつもりになっているようですが、心理学とはそんなに簡単なものではありません。

アドラー心理学のなかでも、分かりやすい考え方の一つである、課題の分離を取り上げて、知ったかぶりをしているだけです。

カウンセリングを舐めるな!

詐欺まがいの、自称カウンセラー達には

カウンセリングを舐めるな!!!

と声を大にして、言いたいです。

本物のカウンセリングは命に関わる

精神科の患者さんには、カウンセラー(医療従事者)のちょっとした言葉がトリガーとなって、妄想を助長させてしまったり、自殺衝動を引き起こす方が実際に少なくありません。

何気ない一言でも、カウンセリングは人を殺してしまうこともあるのです。

これは、何も私が大げさに言っているのではありません。

よく聞く話として、変な宗教などにハマってしまった人が別人のようになってしまったり、家族がどん底の人生を送ることになった、というものがありますが、これは本当です。

本来であれば、カウンセリングとは対象者の命や、人生そのものにまで影響を及ぼすものです。

自称カウンセラーは、カウンセリングを軽く考えているようですが、絶対にやめてください。

終わりに

詐欺まがいの、自称カウンセラー達のカウンセリングを受けても、何の意味もありませんし、決してだまされてはいけません。

何かと理由をつけられ、高額なお金をだまし取られるだけですよ。

自称カウンセラーに、詐欺のカウンセリングを受けるぐらいなら、無料のプログラミングスクールにでも通いましょう。

これからはITの時代ですし、そっちの方がよっぽど健全です。

こちらの記事では、無料のプログラミングスクールについて紹介をしています↓

【職業訓】IT関係のコースをおすすめしない理由【就職不可能】

また、ブラック企業で心を病んでいるのなら、すぐに辞めましょう↓

【ブラック企業を辞めたい人へ】1年で退職してみた件【問題ナシ】

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

難病の私ですが、現在はフリーランスとして在宅で仕事をしています。

ここまでくるには、かなりの遠回りをしてしまったため、効率的にWebデザイナーになる方法を解説しました。

この方法なら、お金をかけずに、無料でスキルを身に着けることも可能です。

自分のすべてを注ぎ込んで執筆をしたので、在宅ワークを考えている方はぜひご参考ください↓

【Webデザイナーになるには?】職業訓練は無理です【効率的な方法】

 

国の障害者雇用の水増し問題は記憶に新しいですが、公的機関であるハローワークの実態もかなりひどいものになっています。

こちらの記事では、難病の私が実際に、ハローワークの専門援助を受けた経験を紹介しています。

合わせて、障害者雇用専門の転職エージェントについても解説をしているので、障害者手帳をお持ちの方は参考にして頂ければと思います。

ハローワークの専門援助は、最低でした↓

【障害者雇用】ハローワークの専門援助はやめとけ!【最低です】