【20代向け】効率的にプログラミングを学習する方法【無料です】

2020年4月1日

プログラミングを学習したいと考える20代が増えていますが、高額なスクールに入ったり、高価な商材を購入する必要は全然ありません。

完全に無料でスキルを身に着け、IT業界に就職・転職することが可能です。

はじめに

未経験からフリーランスになりました、作業療法士のコージです!

最近はプログラミングの学習がブームになってきていますが、高額なプログラミングスクールも多いですし、内容がよく分からない高価な商材なども多いですよね。

また

「何をどのようにしてプログラミングを勉強したらいいのか分からない」

という人も多いと思います。

未経験からフリーランスになった私ですが、数年もの時間がかかり、かなりの遠回りをしてしまったので、20代が効率的にプログラミングを学習する方法をまとめました。

この方法なら、全てが無料ですし、最短1カ月でIT企業に就職・転職することができますよ。

20代がプログラミングを学習するならまずは独学をする

POINT

20代がプログラミングを学習しようと思ったときに、必ずやるべきことがまずは独学をしてみることです。

いきなり高額なプログラミングスクールに入ったり、高価な商材を購入しても、失敗をしてしまう可能性が十分にあります。

最近はプログラミング学習がブームになっていますが、普通の20代であれば

「プログラミングがどういうものなのかイマイチよく分からない」

という状態なはずです。

私もプログラミングの勉強を始めたときには、イマイチよく分からないまま、とにかく様々なプログラミング言語の参考書を買い込んでみました。

結構な金額がしましたが、内容は難しすぎてさっぱり理解できずに、すぐに挫折をすることになります。

20代がプログラミングの学習を始めるときには

・まずは実際にプログラミングがどういうものなのか知る

・プログラミングが本当に自分に合うかどうか見極める

この2つがポイントになります。

最初の独学にお金をかける必要はありません

独学を始める場合についてですが、お金をかける必要はありませんし、ネットには無料で有益な情報がいくらでも落ちています。

そして、無料でプログラミングを学習できるサイトの代表が、ドットインストールです。

プログラミングには様々な言語がありますが、最初に勉強をするものとしてはHTML・CSSが最適だと思います。

正確にはプログラミングとは少し考え方が違いますが、Webサイトを制作するために必要な言語であり、プログラミングがどういうものか知るのに役立ちます。

ドットインストールで無料の動画を見ながら、下記の流れで学習を始めるとよいです↓

①HTMLの講義動画を視聴する

②HTMLの実践動画を見ながら実際にコードを書いてみる

③CSSの講義動画を視聴する

④CSSの実践動画を見ながら実際にコードを書いてみる

ここでの注意点についてですが、講義の動画には時間をかけすぎないということです。

プログラミングの本質について、ネットで出回っている有名な言葉を紹介しておきます。

Shut the fuck up and write some code.

(グダグダ言ってないでコードかけよ、ハゲ)

プログラミングの学習においては、ガンガンコードを書いて慣れていくことが重要なので、事前の学習はサラっとで十分です。

④まで終わる頃には、簡単なWebサイトを作成できるようになりますし、プログラミングがどういうものなのか掴めてくるはずです。

そんなに難しいものではないので、早い人であれば一週間もかからないと思います。

プログラミングが自分には合わないと思ったら、ここで辞めればOKですし、少しでも楽しいと感じたら学習を続けていくべきです。

20代なら無料のプログラミングスクールがあります

PC

20代であれば、独学だけでも未経験からIT企業に就職・転職をすることは十分に可能だと思います。

また、クラウドソーシングなどを使用して、簡単なプログラミング案件を受けてみることもいいかもしれません。

しかし、この方法については簡単なものではありませんし、なかなかハードルが高いですよね。

あなたが20代であれば、無料のプログラミングスクールに通うことができますよ。

生徒の71%がパソコンの初心者でありながら、95%の人が最短一カ月でIT企業の正社員になることができるGEEK JOBというスクールや、途中で辞めたとしても、全く違約金がとられない【プログラマカレッジ】というスクールがあります。

現在はIT業界の人材不足により、無料のプログラミングスクールという方法がありますが、数年後はどうなっているか分かりません。

おそらく、プログラマーやエンジニアなどの人材が日本に増えてきたら、無料で通うことはできなくなるはずです。

いつまで無料なのかは分かりませんし、あなたが20代であればこのチャンスを逃さない手はありません。

IT業界は今後も確実に伸びていく分野になりますし、給与もかなり高額です。

また、IT企業では在宅ワークやテレワークといった働き方も一般的になってきているので、満員電車に乗って辛い通勤をする必要もありません。

そして実務経験を積んでから、フリーランスとして独立することも可能です。

あなたが20代であれば、プログラマーやエンジニアになることは将来性がありますし、コスパがよすぎだと思います。

まずは独学をしてみて、プログラミングが苦痛じゃなかったり、自分に合うと思った方は無料のスクールに通うことをぜひ検討してみてください。

20代の効率的なプログラミング学習についてのまとめ

チェック

20代の効率的なプログラミング学習について、下記にまとめておきます。

①まずは必ず独学をしてプログラミングがどういうものなのか知る

②プログラミングが自分に合うかどうかを見極める

③プログラミングが苦痛じゃなかったり、少しでも楽しいと感じたら無料のプログラミングスクールに入る

この流れが最も効率的ですし、しかもすべてが無料なのでお金もまったくかかりません。

無料のプログラミングスクールについては、こちらの記事で詳しく解説をしているので、どうぞご参考ください↓

【職業訓練】IT関係のコースをおすすめしない理由【就職不可能】

終わりに

世の中には高額なプログラミングスクールや、高価な商材があふれていますが、20代であればまったく必要ありません。

それでは、よいプログラミングライフをお過ごしください。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

難病の私ですが、現在はフリーランスとして在宅で仕事をしています。

ここまでくるには、かなりの遠回りをしてしまったため、効率的にWebデザイナーになる方法を解説しました。

この方法なら、お金をかけずに、無料でスキルを身に着けることも可能です。

自分のすべてを注ぎ込んで執筆をしたので、在宅ワークを考えている方はぜひご参考ください↓

【Webデザイナーになるには?】職業訓練は無理です【効率的な方法】

 

国の障害者雇用の水増し問題は記憶に新しいですが、公的機関であるハローワークの実態もかなりひどいものになっています。

こちらの記事では、難病の私が実際に、ハローワークの専門援助を受けた経験を紹介しています。

合わせて、障害者雇用専門の転職エージェントについても解説をしているので、障害者手帳をお持ちの方は参考にして頂ければと思います。

ハローワークの専門援助は、最低でした↓

【障害者雇用】ハローワークの専門援助はやめとけ!【最低です】