【根性論】仕事に求めてくる職場はヤバい件【超ブラック】

2020年1月31日

ブラック企業のなかには、仕事に根性論を求めてくる会社がありますが、ヤバいどころか超ブラックです。

根性で業績が上がったら苦労しませんし、そういう職場はあまりにも理不尽な行為を押し付けてきます。

はじめに

根性論が大好きなブラック企業にいました、作業療法士のコージです!

私の実体験をもとに、根性論が大好きな職場のヤバさを解説します。

このブラック企業には、ブログが完全に身バレしていますが、気にせずに書いていきます。

根性論を押し付けてくる会社と掃除について

掃除用具

私がいたブラック企業は、とある医療法人なのですが、この病院の院長は根性論が大好きでした。

そして口癖のように

「掃除をすれば心もキレイになる」

などと意味不明なことを言っており、最低でも始業時間の30分前には出勤をして職場の掃除をしなければなりませんでした。

あくまでも、最低のラインが30分前であり、なかには1時間前には職場に来ているような人も多かったです。

そういう人たちは、洗脳をされてしまっているために、自分よりも遅く出勤をしてくる職員を頭がおかしいかのように文句を言っていましたが、本当にいい迷惑でした。

また、朝から掃除をするだけではなく、院長と院長夫人のベンツを洗車するのも職員の仕事でした。

雨が降っていようが、真冬に雪が降っていようが関係なく、とにかく職員は毎朝必ず洗車を終わらせてから院長を出迎えなければなりませんでした。

ほんの少しでも車に汚れが残っていると、いきなりブチギレて大声で怒鳴り散らします。

「この汚れはお前の心に残っている汚れだ!」

とか車を指さしながら叫んでいましたが、なんかもう色々とヤバいですね。

朝だけではなく、定時の時間になると強制的にタイムカードを切らされ、その後も掃除をしなければなりませんでした。

定時の後の掃除が終わってからも、毎日が残業でしたが、残業代は一円も支払われたことはありません。

掃除をして心がキレイになるどころか、朝早く出勤をさせられたり、タイムカードを切らせてから掃除をさせられたり、職員の心はすさんでいくだけです。

「掃除は仕事のうちに入らない」

とよく言っていましたが、会社側の指示によるものであれば、それは確実に残業の扱いになります。

時間外に掃除をさせるような会社は、残業が多い傾向にありますが、残業時間によっては会社都合で退職をすることが可能です↓

【会社の掃除】時間外ならやらなくていい件【それ残業です】

根性論を押し付けてる会社の朝礼とスピーチについて

スピーチ

とにかく根性論が大好きなこの医療法人では、毎朝の朝礼では1分スピーチと呼ばれるものがありました。

職員が時事ネタを取り入れると

「お前は世の中のことを何も分かっていない!」

と院長からは怒鳴り声が飛んできますし、健康に関するスピーチをすれば

「その話は間違っている!」

となぜか急にブチギレますし、正解なんてありませんでした。

何度も何度も強制的に中断されるので、1分どころか説教は1時間にも及ぶこともあります。

根性論を押し付けてくるような会社の朝礼は、経営者や管理職のストレスを発散させるための場と化しています。

根性論が大好きな人たちにとっては、それが正しいか間違っているのかはどうでもいいことであり、とにかく相手を怒鳴りつける理由や口実が欲しいだけです。

朝礼って本当にクソ上司がパワハラ仕掛ける場以外の何者でもないですね!

このツイートが、朝礼の本質をよく表していると思います。

こちらの記事でも、ブラック企業の朝礼について、詳しく解説をしています↓

【会社の朝礼】1分スピーチが無駄すぎた件【怒鳴られるだけ】

根性論を求めてくる職場には習い事があった件

正座

とにかくこの医療法人はブラックでしたが、なんと驚くべきことに、強制的な習い事がありました。

このブログを立ち上げてから、ツイッターなどで様々なブラック企業の話を目にするようになりましたが、これまでに一度も、強制的に習い事をさせられるようなブラック企業については聞いたことがありません。

この習い事については、生け花教室か茶道教室から選ぶ必要がありましたが、ブラック企業なので無料なワケもなく有料でした。

月に2回ありましたが、参加費は1回3000円なので、毎月6000円が給料から天引きをされてしまいます。

一応は自由参加とされていましたが、賞与の査定に影響したり、他の職員から白い目で見られてしまうことになるので、ほとんど全員が生け花か茶道かのどちらかに参加をしていました。

根性論に洗脳をされている職員には、どちらにも参加をしている人もいましたが、パワハラをしたり他人に嫌がらせをしたり、色々とヤバい人が多かったです。

業務が終了してから、重い机やイスを移動させて会場のセッティングをしたり、習い事が終わってからも職員ですべて後片付けをしなければなりません。

そのために、習い事がある日の帰りは夜中になってしまいます。

根性論が大好きな院長は

「お前らは自分で気が付かないかもしれんが、参加を続けている職員の表情は見違えるほどに良くなっているぞ!」

などとまたしても、意味不明すぎることをよく言っていました。

私には、イヤイヤ参加をさせられて、疲れ切っている表情の職員しか見えませんでしたが、根性論を押し付けてくるような人は、マジで頭がおかしすぎですね。

根性論がないIT業界に転職することもアリです

不要と必要

根性論が苦手だったり、嫌いな人はIT業界に転職をすることもアリです。

IT企業では、効率化が重要視される傾向にあるので、根性論が大好きだったり、あまりにも理不尽なことを言ってくるような人は少ないです。

現在の私は、フリーランスとして完全に在宅で仕事をしていますが、かなり快適ですよ。

あなたが20代であれば、無料で通うことができるプログラミングスクールが存在します。

こちらの記事では、無料のスクールについて詳しく解説をしているので、根性論が苦手な方はぜひご参考ください↓

【職業訓練】IT関係のコースをおすすめしない理由【就職不可能】

30代以降の方でも、おすすめのスクールについて紹介をしてあるので、興味のある人はぜひ一度読んでみてください。

終わりに

このブログでは、ブラックな職場から様々な制度を利用して逃げる方法を詳しく解説しているので、他の記事も読んで頂けると嬉しいです。

ブラック企業がなくなることを、願っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

難病の私ですが、現在はフリーランスとして在宅で仕事をしています。

ここまでくるには、かなりの遠回りをしてしまったため、効率的にWebデザイナーになる方法を解説しました。

この方法なら、お金をかけずに、無料でスキルを身に着けることも可能です。

自分のすべてを注ぎ込んで執筆をしたので、在宅ワークを考えている方はぜひご参考ください↓

【Webデザイナーになるには?】職業訓練は無理です【効率的な方法】

 

国の障害者雇用の水増し問題は記憶に新しいですが、公的機関であるハローワークの実態もかなりひどいものになっています。

こちらの記事では、難病の私が実際に、ハローワークの専門援助を受けた経験を紹介しています。

合わせて、障害者雇用専門の転職エージェントについても解説をしているので、障害者手帳をお持ちの方は参考にして頂ければと思います。

ハローワークの専門援助は、最低でした↓

【障害者雇用】ハローワークの専門援助はやめとけ!【最低です】