【仕事】怒られる会社に将来性はナシ【今すぐ逃げよう】

2020年1月31日

あなたが仕事で怒られてばかりなら、そんな会社に将来性はありません。

環境が変われば確実に評価は変わりますし、仕事で怒るような人は、ただのパワハラになっているのが実態です。

はじめに

ブラック企業で怒られてばかりでした、作業療法士のコージです!

未経験からフリーランスになりましたが、誰からも怒られることはなく、現在はかなり快適です。

環境を変える方法と、重要性について解説をしていきます。

仕事で怒られる人は何も悪くありません

希望

断言しますが、仕事で怒られてばかりいるとしても、あなたは何も悪くありません。

仕事中に怒るような人間は

「お前のためを思って怒っている!」

などと言ってきますが、決してだまされないようにしてください。

そういう人たちは、自分のストレス解消のためだったり、他人を見下して優越感を味わうためだったり、自分が怒りたいから怒っているだけです。

特にブラック企業では

「本当は怒りたくないけど、仕方なく怒っている!」

とか言う人が多かったりしますが、それ完全にウソですからね。

マウスを使った動物実験で立証されていますが、何かを覚えされたいのであれば、懲罰を与えるよりも報酬を与えた方が成績が良いことが分かっています。

そしてこの事実は、そっくりそのまま人間にも当てはまるのです。

怒鳴って仕事を覚えさせるのは非効率的ですし、怒ってばかりいる人は、あなたに仕事を覚えさせたいワケではありません。

私がいたブラック企業でもそうでしたが、怒られた側は萎縮してしまいますし、仕事中に緊張することが原因となり、ミスを繰り返すようになっていきます。

本当に仕事ができる上司は、その人それぞれに合った仕事を割り振りますし、怒っても逆効果だということを知っています。

「お前のためだ!」

などと言われても、尊敬する必要などまったくありません。

会社や上司の仕事の教え方が悪いだけですし、環境が変わればあなたの評価は別物になります。

怒られてばかりの会社に将来性はありません

悪夢

怒られてばかりの会社で無理をして働き続けても、将来性はありません。

そして、最近話題になっているツイートがこちらです↓

先ほど解説しましたが、仕事で怒るような人は自分の快感のためにやっています。

そんな社長がいる、「いきなり!ステーキ」ですが、かなり深刻な経営不振に陥っています↓

客足が遠のいているために、従業員の家族を来店させるように強要していますが、なんかもう色々とヤバいですね。

参考:ライブドアニュース

上記のツイートを見れば、仕事で人を怒るという行為が、いかに逆効果だということがよく分かると思います。

現在の日本では、「働き方改革」が行われていますが、そんな古臭い考え方の会社は時代の流れに逆行していますし、将来性があるワケがありません。

将来性がないどころか、怒られてばかりいるとストレスがたまっていきますし、病気になってしまうリスクの方が高いです。

実際に私がいたブラック企業では、何人もの人がうつ病を発症したり、病気になって退職をしていきました。

そして私も、体を壊して退職をした一人です。

あなたが怒られてばかりいるのなら、そんな会社に将来性はありませんし、体を壊してしまう前に絶対に逃げるべきです。

仕事で怒られてばかりなら会社都合で退職しよう

Good Bye

仕事で怒られてばかりいるのであれば、会社都合の扱いで退職をすることができる可能性が十分にありますし、我慢を続ける必要はありません。

会社都合の扱いであれば、すぐに失業保険を受け取ることができるので、まずは絶対に逃げることを優先させてください。

会社都合の扱いになる、特定受給資格者についてですが、下記のような条件も含まれています。

・事業主または当該事業主に雇用される労働者(上司、同僚等)から、就業環境が著しく害されるような言動を受けたこと

人は怒られてばかりいると、正常な判断ができなくなってしまいますし、実際には指導ではなくただのパワハラであるケースも非常に多いです。

また、心身に不調が出ている場合には、特定理由離職者に該当します。

体調不良による退職は、「正当な理由」だと見なされるために、自己都合によるものであっても会社都合と同等の扱いになります。

失業保険や特定理由離職者については、こちらの記事で詳しく解説をしています↓

【仕事が怖い】これを読めば解決です【合法的に逃げよう】

利用できる様々な制度について、かなり細かく解説をしているので、ぜひ一度読んでみてください。

特定受給資格者や特定理由離職者については、当てはまる方もわりと多いはずです。

仕事で怒られるのが嫌いならIT業界に転職がおすすめです

善悪

仕事で怒られることが嫌いだったり、苦手なのであれば、IT業界に転職することもアリです。

IT企業には、論理的な人が多い傾向にあるので、理不尽に怒ったりするような人はほとんどいません。

そして何よりも、IT業界は今後も確実に伸びていく分野になりますし、給与もかなり高額です。

先ほどの、「いきなり!ステーキ」のように、怒ってばかりの人がいる会社にいても、将来性はありませんよ。

あなたが20代であれば、無料で通うことができるプログラミングスクールが存在します。

こちらの記事では、無料のスクールについて詳しく解説をしているので、会社で怒られることが苦手な方はぜひご参考ください↓

【職業訓練】IT関係のコースをおすすめしない理由【就職不可能】

30代以降の方でも、おすすめのスクールについて紹介をしてあるので、興味のある人はぜひ一度読んでみてください。

終わりに

仕事で怒られてばかりいても、条件に当てはまればすぐに失業保険を受け取れるので、辞めてしまってもOKです。

しかし、失業保険を受け取るためには、ハローワークへと行く必要がありますが、ブラック企業の求人しかありません。

そこで、合わせて転職エージェントを活用することをおすすめします。

また、登録だけでもしておくことにより、ブラック企業を辞めるモチベーションも上がるはずです。

こちらの記事では、おすすめの転職エージェントを紹介しているので、ぜひご参考ください↓

【ブラック企業を辞めたい人へ】1年で退職してみた件【問題ナシ】

ブラック企業がなくなることを、願っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

難病の私ですが、現在はフリーランスとして在宅で仕事をしています。

ここまでくるには、かなりの遠回りをしてしまったため、効率的にWebデザイナーになる方法を解説しました。

この方法なら、お金をかけずに、無料でスキルを身に着けることも可能です。

自分のすべてを注ぎ込んで執筆をしたので、在宅ワークを考えている方はぜひご参考ください↓

【Webデザイナーになるには?】職業訓練は無理です【効率的な方法】

 

国の障害者雇用の水増し問題は記憶に新しいですが、公的機関であるハローワークの実態もかなりひどいものになっています。

こちらの記事では、難病の私が実際に、ハローワークの専門援助を受けた経験を紹介しています。

合わせて、障害者雇用専門の転職エージェントについても解説をしているので、障害者手帳をお持ちの方は参考にして頂ければと思います。

ハローワークの専門援助は、最低でした↓

【障害者雇用】ハローワークの専門援助はやめとけ!【最低です】