【ハローワーク】職員の態度が悪すぎた件【解決策と対処法】

失業保険の受給や職業訓練などで、ハローワークに通っている方も多いと思いますが、職員の態度は最悪です。

職員は役に立たないので、ハローワークにはあまり行くべきではありません。

はじめに

職業訓練を受講しながらハローワークに通っていました、作業療法士のコージです!

そして、担当だった職員は本当に最悪でした。

ハローワークに行くべきではない理由と、合わせて解決策も解説していきます。

ハローワークの職員は非正規雇用であり態度が悪いです

格差社会

ハローワークの職員についてですが、窓口の人や相談員は公務員だと勘違いをしている人も多いと思います。

一時期、有名になったツイートですが、こちらを貼っておきます↓

このツイートには、でかでかと「非正規が9割」と書かれている新聞記事の画像が、貼り付けられていますよね。

ハローワークの職員を公務員だと勘違いをしている人も多いですが、実際には公務員どころか、ほとんどの人が非正規です。

窓口の人や相談員は非正規なので、当然ですが質も低いですし、やる気もまったくありません。

ハローワークの職員の質についてですが、私が職業訓練に通っていたときの経験を紹介したいと思います。

求職者支援訓練の途中で、失業保険の支給が打ち切られてしまうために、職業訓練受講給付金へと切り替えることになりましたが、担当の職員は手続きについてさっぱり理解をしていませんでした。

訓練中は、この職員から持って来いと指示された書類が実は全然違うものだったり、後から書類が足りないと電話で文句を言われてハローワークに何度も呼び出されたりと散々でした。

最もひどかったのは、何時にハローワークに来いと自分が呼び出したにもかかわらず、本人が外出中で1時間も待たされたことです。

他の職員に、代わりに手続きを進めてもらえないかと頼んでみましたが、どの職員も

「分からないから無理」

の一点張りでした。

担当の職員からは、1時間も待たされましたが、謝罪もなくめんどくさそうに手続きを始めたときには本当に腹が立ちました。

ハローワークの職員たちは、自分が非正規であるにもかかわらず、やたらと態度が悪くて上から目線の人ばかりです。

失業保険の受給や、職業訓練に通っている期間などは仕方がないかもしれませんが、仕事を探すためにハローワークに行っても不快な思いをさせられるだけです。

私が通っていた職業訓練は、求職者支援訓練のWebデザイン科になりますが、興味のある方はこちらの記事をぜひ読んでみてください↓

【Webデザイナーになるには?】職業訓練は無理です【効率的な方法】

ハローワークの職員はブラック企業の求人を紹介してきます

仮面

ハローワークの職員についてですが、平気でブラック企業の求人を紹介してきます。

そして、つい最近見かけたツイートがこちらです↓

このツイートに貼ってある求人票には、「給与が147000円で年間休日が 57日」と書かれていますが、なんかもうヤバすぎですね。

私も職業訓練に通いながら7カ月間、様々な求人票を見てきましたが、ろくな求人はありませんでした。

ハローワークの職員は、こうしたブラック企業の求人を、平気で押し付けようとしてきます。

またしても、私が職業訓練に通っていたときの話になってしまいますが、担当の職員からはウソの求人を紹介されたことがあります。

どう考えても、女性を対象にしている事務補助員の求人に無理やり応募をさせられたことがありますが、書類選考すら通過しませんでした。

この求人には、秘書業務だったり電話の応対業務などと書かれていたので、男性の私は採用されないのではないかと何度も訴えましたが、この職員は勝手に電話をかけ始めました。

担当の職員は

「わざわざ電話して紹介してやっているんだから感謝しろ!」

といった態度でしたが、ちょっとありえないですよね。

これだけではなく、その後も職員が紹介をしてくるものは、どう考えても上記のツイートのようなブラック企業の求人ばかりでした。

ハローワークの職員は、態度が悪すぎるうえに平気でブラックな求人を紹介してくるので、かなりタチが悪いです。

態度が悪いハローワークの職員を相手にしなくてもOKです

伝える

あなたが20代であれば、態度の悪いハローワークの職員に嫌な思いをさせられたり、質が低いような職業訓練に通う必要はまったくありません。

20代の方であれば、完全に無料で通うことができるプログラミングスクールが存在します。

IT業界は、今後も確実に伸びていく分野になりますし、給与もかなり高額です。

ハローワークで、わざわざブラック企業の仕事を探しているぐらいなら、IT企業に就職・転職することをおすすめします。

こちらの記事では、無料のスクールについて詳しく解説をしているので、ぜひご参考ください↓

【職業訓練】IT関係のコースをおすすめしない理由【就職不可能】

30代以降の方でも、おすすめのスクールについて紹介をしてあるので、興味のある人はぜひ一度読んでみてください。

終わりに

失業保険を受け取るために、仕方なくハローワークに通っているという人も多いと思います。

ハローワークには、ブラック企業の求人しかないので、合わせて転職エージェントを活用することをおすすめします。

こちらの記事では、おすすめの転職エージェントを紹介しているので、ぜひご参考ください↓

【ブラック企業を辞めたい人へ】1年で退職してみた件【問題ナシ】

職業訓練を受けながら、ハローワークに通っているという方は、こちらの記事をご参考ください↓

【解説】職業訓練で就職できなかったら?【訓練校はしつこい】

ハローワークの被害に合う方いなくなることを、願っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

難病の私ですが、現在はフリーランスとして在宅で仕事をしています。

ここまでくるには、かなりの遠回りをしてしまったため、効率的にWebデザイナーになる方法を解説しました。

この方法なら、お金をかけずに、無料でスキルを身に着けることも可能です。

自分のすべてを注ぎ込んで執筆をしたので、在宅ワークを考えている方はぜひご参考ください↓

【Webデザイナーになるには?】職業訓練は無理です【効率的な方法】

 

国の障害者雇用の水増し問題は記憶に新しいですが、公的機関であるハローワークの実態もかなりひどいものになっています。

こちらの記事では、難病の私が実際に、ハローワークの専門援助を受けた経験を紹介しています。

合わせて、障害者雇用専門の転職エージェントについても解説をしているので、障害者手帳をお持ちの方は参考にして頂ければと思います。

ハローワークの専門援助は、最低でした↓

【障害者雇用】ハローワークの専門援助はやめとけ!【最低です】