【同僚】仕事しないときの解決策【自分もサボろう】

2020年1月31日

仕事をしない同僚がいると、本当に迷惑ですし、周りにもシワ寄せがきてしまします。

ですが、同僚の分の仕事を負担するのは無意味ですし、限りなくムダな行為です。

はじめに

同僚が仕事しないブラック企業から退職しました、作業療法士のコージです!

このブラック企業にいたときには、同僚の仕事の分まで積極的に負担しましたが、完全にムダでした。

同僚が仕事をしないときには、自分もサボるのがベストです。

仕事をしない同僚の分を負担しても給料は変わりません

天秤

当たり前の話ですが、仕事をしない同僚の分まで働いたからといって、自分の給料が上がることは絶対にありません。

もしかしたら、出世をすることで給料は上がるかもしれませんが、そういう人間がいる職場で出世をしても自分の負担が増えるだけなので、結果的にはマイナスだと思います。

同僚とはちょっと違いますが、つい最近こんなツイートがバズっていまいた↓

このツイートに貼ってある画像には、上司から他に免許はないのかと聞かれていますが、自分の仕事を増やさないために、ごまかしている様子が描かれています。

そしてこの画像ですが、かなり仕事の本質を突いていますよね。

自分の負担が増えるだけです

仕事をしない同僚の分を負担して

「この人に任せればいいや」

と上司や周りに思われてしまったら、最悪です。

そうなってしまったら最後、上記の画像のように、次から次へと仕事を押し付けられるようになっていきます。

この失敗については、私がブラック企業にいたときに、完全にやらかしてしまいました。

ブラック企業で配属されていた部署は、女性が圧倒的に人数が多かったのですが、仕事もせずにお茶を飲みながらお菓子をボリボリ食べているような人間ばかりでした。

男性の私の立場が低かったこともあり、女性たちの分の仕事を積極的に負担しましたが、上司からは理不尽なまでの量を押し付けられるようになってしまいます。

ちょっとした雑用から力仕事まで、とにかく奴隷のように使われましたが、この女性たちと私の給料はまったく変わりませんでした。

女性陣は男性の私に仕事を押し付け、定時になるとさっさと帰宅していましたが、残業代が支払われたことは一度もありません。

これが現実ですし、最小限の労力で同じ給料を手にしていた女性たちのやり方は、もしかしたら正しかったのかもです。

ですが、そういったやり方がまかり通ってしまうようなブラック企業なら、将来性はないので辞めるべきだとは思います。

同僚が仕事をしないなら自分も積極的にサボろう

ダラける

仕事をしない同僚に対してイライラしてもムダですし、自分も積極的にサボればOKです。

自分もサボることにより、上司や周りからの評価は下がってしまうかもしれませんが、気にする必要はありません。

自分の負担が軽くなって給料も変わらないので、むしろ自分にとってはプラスになると思います。

同僚が仕事をしないような職場なら、自分も積極的にサボりながら、転職活動をするべきです。

定時の時間になったら、サクっと帰宅して、自分のために勉強をするとかですね。

同僚の仕事を負担して、自分が残業をしたり、休日出勤をさせられたりするほど無意味なことはありません。

また、条件に当てはまればすぐに失業保険を受け取れるので、転職活動をする前に退職をしてしまうことも一つの手段です。

仕事をしない同僚がいると、多くの残業をしている人もいるかもしれませんが、残業時間によっては会社都合の扱いで退職をすることができます。

残業時間と失業保険については、こちらの記事で詳しく解説をしています↓

【ブラック企業】残業が多いなら辞めてOK【失業保険はすぐです】

仕事をしない同僚のせいで、ストレスがたまっていたり、体調を崩している場合には要注意です。

たかがストレスだと、絶対に侮ってはいけません。

私にも経験がありますが、仕事をしない同僚ばかりいる職場では、自分には想像以上の負担がかかってしまいます。

体調を崩している場合には、こちらの記事をご参考ください↓

【仕事が怖い】これを読めば解決です【合法的に逃げよう】

失業保険だけではなく、様々な制度ついてかなり細かく解説をしているので、ぜひ一度読んでみてください。

仕事をしない同僚が嫌いならIT業界がおすすめです

握手

仕事をしない同僚が嫌いだったり、どうしてもイライラしてしまうのであれば、IT業界に転職をするのがおすすめです。

IT業界は今後も確実に伸びていく分野になりますし、給与もかなり高額です。

そしてIT企業では、在宅ワークやテレワークといった働き方が一般的になってきていますし、効率を重視して生産的な人が多いと思います。

必要以上に同僚と関わる必要はありませんし、イライラすることもありません。

現在の私は、フリーランスとして完全に在宅で仕事をしていますが、かなり快適ですよ。

あなたが20代であれば、無料で通うことができるプログラミングスクールが存在します。

こちらの記事では、無料のスクールについて詳しく解説をしているので、会社で怒られることが苦手な方はぜひご参考ください↓

【職業訓練】IT関係のコースをおすすめしない理由【就職不可能】

30代以降の方でも、おすすめのスクールについて紹介をしてあるので、興味のある人はぜひ一度読んでみてください。

終わりに

仕事をしない同僚のせいで残業が多かったり、残業時間の条件に当てはまっている場合には、まずは会社都合で退職をしてしまうことも一つですよ。

しかし、失業保険を受け取るためには、ハローワークへと行く必要がありますが、ブラック企業の求人しかありません。

そこで、合わせて転職エージェントを活用することをおすすめします。

また、登録だけでもしておくことにより、ブラック企業を辞めるモチベーションも上がるはずです。

こちらの記事では、おすすめの転職エージェントを紹介しているので、ぜひご参考ください↓

【ブラック企業を辞めたい人へ】1年で退職してみた件【問題ナシ】

ブラック企業がなくなることを、願っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

難病の私ですが、現在はフリーランスとして在宅で仕事をしています。

ここまでくるには、かなりの遠回りをしてしまったため、効率的にWebデザイナーになる方法を解説しました。

この方法なら、お金をかけずに、無料でスキルを身に着けることも可能です。

自分のすべてを注ぎ込んで執筆をしたので、在宅ワークを考えている方はぜひご参考ください↓

【Webデザイナーになるには?】職業訓練は無理です【効率的な方法】

 

国の障害者雇用の水増し問題は記憶に新しいですが、公的機関であるハローワークの実態もかなりひどいものになっています。

こちらの記事では、難病の私が実際に、ハローワークの専門援助を受けた経験を紹介しています。

合わせて、障害者雇用専門の転職エージェントについても解説をしているので、障害者手帳をお持ちの方は参考にして頂ければと思います。

ハローワークの専門援助は、最低でした↓

【障害者雇用】ハローワークの専門援助はやめとけ!【最低です】