【実話】女だけの職場に就職した男の末路【精神崩壊しました】

女だけの職場では、陰湿な嫌がらせやイジメが横行しています。

そんな職場に、就職をしてしまった男の私は、見事に精神が崩壊してしまいました。

はじめに

女だらけのブラック企業にいました、作業療法士のコージです!

前回は

【同僚】いじめにあったら失業保険を貰おう【仕返しは無意味】

という記事を公開しました。

#ブラック企業 などで、同僚からのいじめに遭っているのであれば、すぐに失業保険が支給される可能性があります。

私は仕返しを考えたこともありますが、余計に嫌がらせは激化しただけであり、完全に逆効果でした。

実際の経験をもとに、対処法を解説しました↓https://t.co/bF0OxUDIjk

この記事に出てくる、嫌がらせをしてくる同僚というのは、全員が女です。

女だけの職場の男は奴隷のように使われる

女だけの職場では、男が奴隷のようにこき使われてしまいます。

私がいたブラック企業で、配属されていた部署には、課長と同期のA君を除いた全員が女性でした。

この部署には、10数人いましたが、男性である私の立場は本当に最悪なものです。

男性のデスクが存在しない

このブラック企業は、新卒で就職した場所になりますが、配属された部署に男性の私と同期のA君のデスクは存在しませんでした。

就職したときに、人数分のデスクとパソコンが足りなかったのですが、課長からは

「女性がかわいそうだから譲れ!」

と謎の命令が下ります。

そのうち、用意してくれるという話は完全にウソであり、いつまで経っても男の私には自分の席が用意されることはありませんでした。

就職したその日から、他の部署に頼み込んだり、パソコンを探し回る日々が始まります。

雑用を押し付けられる

女だけの職場では、力仕事はもちろん、その他のどうでもいいような雑用もすべて男の私に押し付けられました。

重い物を運んだり、そういった仕事であればまだ分かりますが…

・他の部署にあれを届けてこい、受け取ってこい

・会議をするときに椅子と机のセッティング

・掃除

などなど、他にもあげたらキリがありません。

とにかく、思いつく限りのありとあらゆる雑用を、すべて女性から押し付けられました。

自分のデスクが存在しないうえに、あらゆる雑用で走り回る毎日です。

そんな私をしり目に、職場の女性陣は優雅にコーヒーやお茶を飲みながら、それぞれのデスクでお菓子をボリボリと食べていました。

女だけの職場はとにかく金がかかる

女だけの職場は、普段からとにかく金がかかります。

男性の私からも、強制的にお金が徴収されていましたが、もはやカツアゲでした。

お茶とお菓子代

この職場の女性陣は、勤務中にやたらとお茶を飲みながら、お菓子をボリボリと食べまくります。

そのため、私が配属されていた部署では、毎月の初めにお茶とお菓子を購入するための代金が、強制的に徴収をされていました。

女性たちの間で、仲の良い者同士や暇な人が集まって、どうやら買い出しに行くようです。

しかし、自分のデスクも存在しない男性の私は、一度もお茶を飲んだこともなければ、お菓子を食べたこともありません。

食べたり飲んだりしているのは、すべて職場の女の人たちだけであり、分けてもらったことも一度もありませんでした。

にもかかわらず、男性がお金を支払うのはおかしいのではないかと訴えたところ

「これがここのルールなのよ!」

とお局様に、一蹴されて終わりです。

誕生日などのイベント

この女だけの職場は、誰かの誕生日やイベントのたびにプレゼントを買うのですが、当然のように男の私からも代金を徴収していきました。

立派な社会人のはずですが、ここの職場の人間は高校生か大学生かのようなノリです。

いい歳をして、キャピキャピとしている人ばかりでしたが、何を購入してプレゼントをしたのかは、男性の私は一切知りません。

また、職場の人への結婚祝いとして、強制的に5000円を支払わされたこともあります。

このときも、プレゼントを選んで購入してきたのは女性陣であり、私は何を買ったのかも一切知りませんでした。

ちなみに、女性たちはわざと男性の私に対して、他の人よりも多めに支払わせていたようです。

ワケもわからず、毎回無理やりお金をとられ、ほとんどカツアゲですね。

すべての上司が女の味方をする

おそらく、これは女だけの職場にとって、あるあるなのではないでしょうか。

事実にかかわらず、やたらと女の味方をする上司が現れます。

この部署の課長は、事務作業と称して一日中ネットサーフィンをしているだけのダメ人間のうえに、女の味方をするハゲでした。

事実がねじ曲がる

あまりにもひどいので、女性たちからの扱いについて、何度も課長に訴えたことがあります。

しかし、そのたびに

「男なんだからそれくらい我慢しろ!」

などと、謎の根性論が返ってくるだけです。

まったくラチが明かないので、さらにその上の上司や人事に相談したこともありました。

そして、部署の女性たちに事情聴取が行われることになりましたが、事実を完全にねじ曲げられてしまいます。

事情聴取では、口裏を合わせて

「そんなことしていませ~ん」

などと、ウソを言っていたようです。

頭がおかしい扱いをされる

この事情聴取をきっかけに、私は会社中で頭のおかしい人間だと、扱われるようになっていきました。

もちろん、部署の女性たちがウソをついていると訴えましたが、すべての上司は女の人の味方です。

私の話など、信じてくれる者は誰一人として、存在しませんでした。

そして、この頃から味方が誰もいない私の精神は、崩壊をしていきます。

仕事に行くことが、怖くてたまらなくなり、毎朝のように吐いてから出勤をしたり、精神だけではなく身体にも様々な症状が出現してきました。

それから、ほどなくして私は体を壊してしまい、仕事を辞めることになります。

この経験をもとに、執筆をした記事がこちらです↓

【仕事が怖い】これを読めば解決です【合法的に逃げよう】

この記事では、失業保険など利用できる様々な制度について、かなり詳しく解説をしています。

興味のある方は、ぜひ一度読んでみてください。

終わりに

前回の記事でも書きましたが、職場で嫌がらせやイジメを受けているのであれば、会社都合で退職できる可能性があります。

もしも、女だけの職場で肩身の狭い思いをしているのであれば、すぐに失業保険が受け取れるかもしれません。

ぜひ、このブログの他の記事もご参考ください。

とにかく、ブラック企業ならすぐに辞めましょう↓

【ブラック企業を辞めたい人へ】1年で退職してみた件【問題ナシ】

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

難病の私ですが、現在はフリーランスとして在宅で仕事をしています。

ここまでくるには、かなりの遠回りをしてしまったため、効率的にWebデザイナーになる方法を解説しました。

この方法なら、お金をかけずに、無料でスキルを身に着けることも可能です。

自分のすべてを注ぎ込んで執筆をしたので、在宅ワークを考えている方はぜひご参考ください↓

【Webデザイナーになるには?】職業訓練は無理です【効率的な方法】

 

国の障害者雇用の水増し問題は記憶に新しいですが、公的機関であるハローワークの実態もかなりひどいものになっています。

こちらの記事では、難病の私が実際に、ハローワークの専門援助を受けた経験を紹介しています。

合わせて、障害者雇用専門の転職エージェントについても解説をしているので、障害者手帳をお持ちの方は参考にして頂ければと思います。

ハローワークの専門援助は、最低でした↓

【障害者雇用】ハローワークの専門援助はやめとけ!【最低です】