【介護士】が看護師からいじめられるような職場は辞めるべき【体験談】

2020年1月31日

あなたの職場には、やたらと偉そうな看護師がいませんか?

もしも、職場にそうした看護師ばかりがいるのなら、チームアプローチが実践できていない証拠です。

看護師が上で、介護士が下などということは、絶対にありません。

そんな職場なら、今すぐに辞めてしまいましょう。

はじめに

ブラックすぎるY病院にいました、作業療法士のコージです!

この病院の看護師たちは、介護士にすべての雑用を押し付けていました。

チームアプローチもできないような職場にいても、搾取されるだけですよ。

介護士は人手不足であり、転職しやすい職業です。

介護士が、看護師からいじめられるような職場は、辞めるべき理由を解説していきます。

医療や介護はチームアプローチ

握手

医療や介護の基本は、チームアプローチです。

看護師が上、介護士が下などと考える人がいますが、こうした人はチームアプローチという基本的な考え方すらできてないということになります。

このような人には、技術的にも低い人が多いのですが、やたらと偉そうなんですよね。

介護士に対して

「ああでもない、こうでもない」

などと言ってきますが、看護師としても大したことはないので、何を言われても、全然気にしなくて大丈夫です。

むしろ、まともに話を聞いてはいけません。

私がいたY病院の看護師は、何もしないくせに、やたらと偉そうな人たちばかりでした。

「介助の仕方がなっていない!」

などと、介護士に対して、指導といってはパワハラを繰り返していました。

看護師たちは、やたらと偉そうでしたが、実際には採血すらまともにできない人たちの集まりです。

私の作業療法士としての経験からですが、看護師に限らず、高い技術を持っている人ほど、チームアプローチの重要性を理解している人が多いです。

そして、そういう人ほど、患者さんや利用者様に対しての対応も、とてもすばらしいです。

チームアプローチの重要性を理解している人は、自分にできることとできないことを知っています。

反対に、チームアプローチの考え方を理解できないような人は、技術的にもかなり低い人が多いです。

こうした人の、患者さんや、利用者様に対しての対応は、いつも上から目線であり、とても気分が悪くなります。

Y病院の看護師たちは、技術が低いうえに、患者さんを日常的に虐待するような人たちばかりでした。

介護士を下にみるような看護師は、まともに相手をしてはいけません。

介護士の立場が低いのなら悪いのは職場です

介護士

私がいたY病院のように、看護師が偉そうであり、介護士の立場が低いのなら、悪いのはすべて職場です。

このような職場の看護師は

「患者さんや利用者様のためだ」

などといった言葉を使ってきますが、決してだまされてはいけません。

もっともらしい言葉を使用することで、能力の低い自分を正当化し、介護士のあなたを洗脳しようとしているだけです。

洗脳されてしまったら最後、都合よく使われてしまいます。

介護士を見下し、チームアプローチの考え方を理解できないような看護師が、患者さんや利用者様のことを本当に考えているわけがありません。

そうした看護師を野放しにしている、病院や施設側にすべての責任があります。

その責任を、介護士のあなたがとる必要は全然ありません。

介護士をされている方は、患者さんや利用者様のことを第一に考える、責任感の強い人が多いと思います。

もっともらしい言葉を使われると、自分が悪いと思ってしまいがちですが、悪いのはすべて病院や施設側といった職場なのです。

そんな職場にいても、介護士として搾取されてしまうだけです。

Y病院の介護士は、奴隷のように扱われ、搾取され続けていました。

この病院の介護士たちは、毎日サービス残業に追われ、給料は手取りで毎月10万円に届かないレベルです。

看護師は何もせず、介護士がすべての介助を行っていましたが、いくら働いても介護士の給料が上がることはありません。

こんな環境ではもちろん、人間関係は最悪でした。

介護士の私物が、頻繁に隠されたり、無くなるほどです。

嫌がらせを受け、何人もの介護士が心と体を壊して退職していきました。

Y病院では、嫌がらせや職場いじめを受けたことがトラウマになり、退職後は介護士を辞めてしまった人も少なくありません。

看護師からいじめを受け、介護士の立場が低いような職場では、人間関係にも消耗していきます。

私にも経験がありますが、性格が悪い看護師がするようないじめや嫌がらせは、本当に壮絶なものです。

人間関係に消耗し、体や心を壊してしまってからでは遅いですよ。

そうなってしまう前に、そんな職場からは今すぐに辞めてしまいましょう。

介護職はいくらでも転職できる

介護士

介護職は人手不足のため、今の職場を辞めたとしても、いくらでも転職することができます。

看護師が偉そうにしている職場に、いつまでもしがみついている必要はありません。

確かに、看護師のほうが医療行為など、できることは多いかもしれませんが、だからといって看護師が上などということは絶対にないです。

医療や介護の基本的な考え方である、チームアプローチは、職種や資格に関わらず、すべての人が対等な関係だと考えます。

介護士の立場が低いような職場では、給料が上がることはありませんし、将来性はまったくありません。

介護士は人手不足であり、本当に貴重な人材です。

チームアプローチを実践し、介護士という人材を大事にしてくれる職場にいきましょう。

そうした職場を探すためには、転職サイトを活用することがおすすめです。

介護士向けの転職サイトは複数ありますが、日本全国に対応しているジョブメドレーを圧倒的におすすめします。

ジョブメドレーは、自ら転職先を探すサーチ型であり、エージェントによるしつこい電話やメールが一切ないのが特徴です。

これが、ジョブメドレーをおすすめする最大の理由です。

私は作業療法士として、複数の転職サイトを利用した経験がありますが、なかには何度もしつこく連絡をしてくるエージェントもいました。

とりあえず登録だけのつもりでしたが、面倒になってすぐに退会したサイトもあります。

しかし、ジョブメドレーならとりあえず登録するだけでもOKですし、自分のペースで転職活動をすることができます。

登録することで、キャリアサポートにLINEをすることができるようになります。

ジョブメドレーのキャリアサポートは、介護士の内部事情に詳しいため、介護士を大事にしてくれる職場を探すことが可能です。

また、ジョブメドレーを経由して転職した場合には、結構な金額のお祝い金を受け取ることができます。

登録したからといって、電話やメールでの連絡が来ることは一切ないので、登録だけしておくといった使い方もいいかもしれません。

以下にリンクをはっておきます。

ジョブメドレー↓

終わりに

介護職員初任者研修や、実務者研修、介護福祉士などの有資格者は、転職サイトを有効に活用してみてください。

転職サイトを活用することで、情報を味方につけることができます。

しかし、無資格の介護士の立場は、かなり悲惨なので、まずは資格を取得することをおすすめします。

無料で介護資格を取得する方法が存在します↓

【介護職員初任者研修】無料で取得する方法【これがベスト】

ブラックな病院や施設が無くなることを願っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

私作業療法士コージによるライン@での無料相談を実施しています。

あとから料金が発生するといったことは一切ありません。

無料ですが、多くの方に情報を届けたいと考えているため、SNSなどで当ブログや記事の紹介をして頂けると有難いです。

聞いてみたいこと、話してみたいとかでも全然OKですよ。

お気軽に追加してみてください!

LINE@の友達追加はコチラからどうぞ!友だち追加