【朗報】職業訓練の選考で落ちた人へ【解決策あり】

2020年1月31日

介護業界やIT業界の人手不足にともない、介護資格を取得することができる職業訓練や、プログラミングなどを学べるコースがかなり増えてきました。

しかし、これらのコースは倍率がかなり高く、選考で落ちてしまう方が少なくないです。

ですが、職業訓練の実態はかなりひどいので、むしろ落ちてしまってよかったのかもしれません。

はじめに

職業訓練のWebデザイン科に通っていました、作業療法士のコージです!

訓練中の4カ月間と、訓練修了後の3カ月間、合わせて7カ月間ハローワークへと通いましたが、職業訓練のひどすぎる実態を知りました。

訓練の質はあまりにも低く、時間をムダにしただけだと本当に後悔をしています。

この記事は、職業訓練の選考で落ちてしまった、あなたにぜひ読んでいただきたい記事です。

この記事を読み終わるころにはきっと、不合格になってよかったと思っていることでしょう。

職業訓練と同じく、無料で通うことができるスクールが存在するため、そうしたスクールに通うほうが圧倒的におすすめです。

無料で通うことができるスクールは、資格取得後や、プログラミングスキル習得後に、学校と関連する企業に就職することにより無料となる仕組みになっています。

職業訓練の実態と、無料のスクールをおすすめする理由を詳しく解説していきます。

職業訓練の倍率は高い

倍率

詳しくは後で解説しますが、職業訓練の質は低いわりに、倍率が高すぎるんですよね。

特に、最近増えてきた介護資格を取得することができる訓練や、IT関係のコースのは人気があるため、倍率がすごいことになっています。

職業訓練の申し込み手続きは、かなり面倒であるうえに、選考試験があるため、かなりの手間と時間がかかってしまいます。

ですが、選考で落ちてしまったら、また一から他の訓練を探さなければなりません。

私は実際に、申し込んでは何度も選考に落ちるといったことを繰り返している人を、ハローワークで何人も見かけたことがあります。

こうなってしまったら、ただ時間をムダにしてしまうだけです。

しかし、無料で通うことができるスクールは、申し込んでから受講開始までがとてもスムーズにいきます。

選考で落ちてしまったあなたは、再び他の訓練に申し込むよりも、そうしたスクールに申し込んでしまいましょう。

もう一度、選考で落ちてしまうよりも、そっちのほうが確実です。

職業訓練の質が低い理由

チャート

職業訓練の倍率が異常に高いわりには、訓練の質はあまりにも低いです。

高い倍率をくぐり抜け、訓練にたどり着いたとしても、ほとんどの人がまともに就職することはできません。

その証拠に、このデータを見てください。

厚生労働省が発表している、2017年の公共職業訓練の就職率は75%です。

民間企業に委託されている求職者支援訓練の基礎コースは55%実践コースは60.1%となっています。

参考:厚生労働省:公共職業訓練の就職率の目標設定について

この数値ですが、正社員だけではなく、パートやアルバイトを含めての数値となっています。

さらには、訓練とまったく関係のない分野に就職した場合も含まれているのです。

そう考えると、低すぎですよね…。

ほとんどの人が、訓練と関係のある分野に、正社員として就職することはできません。

しかし、訓練修了後3カ月以内に生徒が就職することにより、訓練校に報奨金が入ります。

この報奨金を目当てに、無理やり生徒を就職させるような訓練校も少なくありません。

倍率だけは高いくせに、修了後は正社員になることができず、訓練と関係のない分野に無理やり就職させられてしまうのが実態です。

職業訓練の質が低いことには、しっかりとした理由が存在します。

職業訓練には、国が運営している公共職業訓練と、民間企業に委託されている求職者支援訓練の、大きく分けて二種類があります。

国が運営している公共職業訓練の数は少なく、ほとんどが民間企業に委託されている求職者支援訓練です。

先ほどのデータでは、民間企業が実施している訓練の就職率と、公共職業訓練の就職率は20%もの差がありますよね。

職業訓練のほとんどを占めている、求職者支援訓練は、それだけ質が低いということです。

職業訓練をやるような企業は

「経営が厳しい企業」

なのが実態となっています。

「経営が厳しい」ため、職業訓練を実施することで得られる助成金や、生徒を就職させることで得られる報奨金に頼らざるを得ないのです。

講師は、「経営が厳しい企業の社員」となるので、当然ですが授業や就職支援の質は低くなります。

訓練校には、質が低い授業をやっても、生徒を訓練と関係のない分野に就職させたとしても、税金から助成金や報奨金が支払われます。

完全に、ただの税金の無駄遣いですよね。

これに対して、無料のスクールは、生徒が就職した企業から報酬を受け取っています。

そのため、当然ですが、授業や就職支援の質は高くなるのです。

質が低い授業をやったりしたら、学校の評判に関わってしまいますからね。

また、生徒を就職させることができなかったら、企業から報酬が受け取れないため、スクールを運営していくことができません。

無料のスクールの方が、職業訓練よりも、圧倒的に質は高いです。

職業訓練からの就職先はブラック企業ばかりです

雷

職業訓練からの就職先ですが、ブラック企業しかありません。

こちらにも、しっかりとした理由が存在します。

なぜなら、職業訓練の管轄はハローワークですが、ハローワークの求人にはブラック企業しか存在しないからです。

職業訓練では、訓練期間中と、訓練修了後3カ月間は、月に一度ハローワークへと通い、就職活動をしなければなりません。

私は7カ月間、ハローワークで様々な求人情報を見てきましたが、どう考えてもブラックな求人しかありませんでした。

ハローワークには、企業が無料で求人を掲載することができるため、求人にお金をかけることができない、やっていくのにギリギリの企業が多いのです。

こうした企業は、人を使い捨てだとしか思っていません。

これに対して無料のスクールには、生徒の就職先の企業が、学校に対して報奨金を支払っていることは先ほど説明した通りです。

このような企業は、職業訓練の「経営が厳しい企業」とは異なり、人材にお金をかけることができる、余裕がある企業となります。

つまり、「人を大事にする企業」だということです。

職業訓練と同じように無料ですが、これだけ大きな違いがあります。

職業訓練には変な人が多い

疑問

最後の解説になりますが、職業訓練にはめちゃくちゃ変な人が多いです。

私が通っていた職業訓練では、変な人が多すぎて、訓練にまったく集中することができませんでした。

私の席の真後ろで、講師と毎日怒鳴りあうオジサンや

「フフッ! フフッ! フフッ!」

とまるでミッ〇ーのように、不気味に笑いながらキーボードを叩き続けるオジサンなどがいました。

失業保険や、職業訓練受講給付金を目当てに、変な人たちが集まってきます。

まったく、就職する気がなく、授業を妨害するような生徒も多いです。

本気で学びたいのであれば、職業訓練は環境が悪すぎます。

無料のスクールは、学校と関連する企業に就職しなければ、無料とはなりません。

そのため、生徒は本気で就職する意思のある、まともな人たちばかりです。

学習環境といった面でも、無料のスクールのほうがおすすめです。

終わりに

こちらの記事では、無料のプログラミングスクールについて詳しく解説をしています↓

【職業訓練】IT関係のコースをおすすめしない理由【就職不可能】

無料で介護資格を取得するなら、職業訓練よりもカイゴジョブアカデミーがおすすめです↓

【介護職員初任者研修】ハローワークはやめとけ!【最悪です】

職業訓練の選考に落ちてしまった方は、ぜひこうした無料のスクールに通うことを検討してみてください。

悪質な職業訓練の被害に合ってしまう方が、いなくなることを願っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

私作業療法士コージによるライン@での無料相談を実施しています。

あとから料金が発生するといったことは一切ありません。

無料ですが、多くの方に情報を届けたいと考えているため、SNSなどで当ブログや記事の紹介をして頂けると有難いです。

職業訓練についてなど、どんなことでも結構です。

聞いてみたいこと、話してみたいとかでも全然OKですよ。

お気軽に追加してみてください!

LINE@の友達追加はコチラからどうぞ!友だち追加