【介護職員初任者研修】ハローワークはやめとけ!【最悪です】

介護職員初任者研修の資格を、ハローワークの職業訓練から取得することを考える人も多いかとは思いますが、あまりおすすめできるものではありません。

悪質な訓練校からは、ブラック企業へと就職させられてしまうリスクが非常に高いです。

はじめに

職業訓練に通っていました、作業療法士のコージです!

体の事情があり、7カ月ほどハローワークの専門援助を受けていましたが、職業訓練のひどすぎる実態を知りました。

介護職員初任者研修の資格を、無料で取得したいのであれば、かいご畑のキャリアアップ応援制度を利用することをおすすめします。

かいご畑↓

この記事では、悪質な訓練校とかいご畑について、比較をしていきます。

介護職員初任者研修と職業訓練の倍率は意外と高い

介護士になるためには、絶対に欠かせない資格が、介護職員初任者研修です。

介護の現場では、体に直接触れるような行為は、最低でも初任者研修の資格が必要とされています。

選考試験で落ちる可能性がある

介護士には絶対に欠かせない、介護職員初任者研修の資格を無料で取得できる職業訓練は、かなりの人気があります。

そこで、問題になってくるのが、訓練コースの倍率についてです。

訓練には、国が運営をしている公共職業訓練と、民間企業に委託されている求職者支援訓練の2種類がありますが、どちらも定員の数は少なく、限られたものになっています。

なかでも、介護資格を取得できるコースについては、倍率が異常なほどに高くなってしまう傾向があります。

そのために、ハローワークから職業訓練に申し込んだとしても、面接や筆記試験といった選考試験で落ちてしまう人が多いのです。

職業訓練を受講できるまでには時間がかかる

介護資格を、どうしても職業訓練から取得することにこだわるのであれば、もしも落ちてしまったら、また他のコースを探して再び選考試験を受けなければなりません。

またしても、落ちてしまったら…

職業訓練の、介護資格を取得できるコースは倍率が高いために、この繰り返しになってしまう可能性があります。

これは冗談ではなく、ハローワークでは実際にこのような人が、何人も存在していました。

こうなってしまったら、かなりの時間をムダにしてしまいます。

運が良ければ、申し込んでから一発で合格するかもしれませんが、実際には難しいのが現状です。

しかし、かいご畑のキャリアアップ応援制度なら選考試験がないため、申し込みをしてから受講開始まで、誰でもスムーズに手続きをすることができます。

同じように無料なので、倍率が高くて合格しにくい職業訓練に、別にこだわる必要はありません。

職業訓練には働きながら通うことができない

職業訓練については、原則的に求職者しか受講することができませんし、基本的には働きながら通うことはできません。

そこで問題になってくるのが、金銭的な収入についてです。

働きながら職業訓練に通う方法については、こちらの記事で解説をしています↓

【職業訓練】働きながら通える?【条件あり】

収入が途絶える可能性がある

職業訓練には、失業保険を受給しながら通うことを考える人が多いと思いますが、介護資格のコースは異常に倍率が高かったり、受講できるまでには時間をムダにしやすいといった、問題点について解説をしました。

つまり、選考試験の倍率が高いので合格する前に失業保険が打ち切られ、収入が途絶えてしまうリスクがあるということです。

実際に、失業保険の受給中に合格することができず、職業訓練に通うことを断念するような人も少なくありません。

また、ようやく合格することができたとしても、求職者支援訓練では失業保険の延長給付を受けることができないのです。

職業訓練には、国が運営をしている公共職業訓練と民間企業に委託されている求職者支援訓練の2種類がありますが、失業保険を延長できるのは公共職業訓練のみになります。

そして、公共職業訓練の数は限りなく少なく、訓練のコースはほとんど求職者支援訓練が占めています。

一応は、月に10万円の給付が受けられる、「職業訓練受講給付金」という制度がありますが、これは支給されるまでの条件がかなり厳しいです。

この給付金は、書類の手続きなども複雑かつ面倒であり、誰でも簡単に受給できるものではありません。

職業訓練から、介護職員初任者研修の資格を取得することは、収入が途絶えてしまうことが最大のリスクです。

職業訓練と失業保険については、こちらの記事で詳しく解説をしています↓

【失業保険】貰いながら職業訓練に行った結果【意味なし】

職業訓練受講給付金については、こちらの記事で条件について解説をしています↓

【職業訓練受講給付金】休みすぎて警告がきた件【解説:8割がカギ】

かいご畑なら働きながら初任者研修を取得できる

しかし、かいご畑のキャリアアップ応援制度なら、働きながら資格の取得を目指すことが可能です。

かいご畑には、無資格・未経験から働ける求人が多数ありますし、入職時のサポート研修もしっかりと行われています。

なかでも、ほっと倶楽部Webという、介護の基本から応用までオリジナルのノウハウを詰め込んだセミナーは、スマホでも気軽に学ぶことができます。

もちろん、職業訓練と同じように、すべて0円です。

働きながら受講できるので、収入の面でも安心ですし、時間をムダにしてしまうこともありません。

介護資格を取得できても職業訓練の就職支援は質が低い

最後に、これが職業訓練をおすすめできない最大の理由になりますが、「就職支援の質が低い」ことです。

質が低いどころか、悪質な訓練校にあたってしまうと、末路はブラック企業になります。

報奨金目当ての悪質な訓練校が多い

求職者支援訓練は、民間企業が運営をしているということがポイントになりますが、悪質な訓練校が数多く存在しています。

訓練が終わってから、3カ月以内に生徒を就職させることにより、訓練校には高額な報奨金が支払われるためです。

この報奨金についてですが、訓練とはまったく関係のない分野に就職した場合や、パートやアルバイトでもOKです。

そのために、生徒を無理やりブラック企業へと就職をさせるような訓練校も、多く存在しています。

訓練が終わってから、講師が家にまでやってきたり、就職することを強要されたといった笑えない話も少なくありません。

3カ月以内に、就職が決まらない生徒に対しては、何度もしつこく電話がかかってくることも有名な話です。

職業訓練については、就職率も50~60%程度とあまりにも低いですし、仕組みそのものに問題があります。

せっかく、介護職員初任者研修の資格を取得できても、ブラック企業に就職させられてしまっては、元も子もありません。

そもそもですが、職業訓練の大本であるハローワークには、ブラック企業の求人ばかりです。

かいご畑のサポートは手厚い

それに比べて、かいご畑のサポートは手厚いですし、初任者研修を取得したらそれで終わりではありません。

驚くべきことに、上位資格である実務者研修や、国家資格である介護福祉士を取得するための講座費用についても、すべてが0円です。

職業訓練は、介護資格を取得して訓練が終わったらそれで終わりですが、かいご畑なら完全に無料でキャリアップをしていくことができます。

資格は一生ものですし、上位の資格を取得していくことにより、給与も大きく変わっていきますよ。

将来性を考えても、ブラック企業ばかりの職業訓練よりも、かいご畑の方が確実です。

そして何よりも、職業訓練とは仕組みそのものに違いがあるので、かいご畑の支援の質は非常に高いものになっています。

かいご畑も同じく無料ですが、生徒が就職をした介護事業所などから、報奨金を受け取っている仕組みです。

当然ですが、学校の信用に関わるので、質が低い授業や就職支援をやるわけにはいきません。

職業訓練と同じように、キャリアアップ応援制度も無料ですが、支援の質や将来性を考えても、かいご畑の方が上ですね。

かいご畑なら働き方も選べる

そしてこれも、かいご畑の大きな特徴になりますが、様々な雇用形態や条件のなかから選ぶことができます。

夜勤なしの日勤のみ、週2~3日の勤務や短時間勤務から、さらには給与の週払いOKな場所まで、かなりの求人が数多く掲載されているのです。

登録は無料ですし、非公開求人も見ることができるようになるので、職業訓練に行く・行かないにかかわらず、登録だけでもしておいてはいかがでしょうか。

登録もとにかく簡単であり、公式のホームページには

・まずは相談してみる

といった欄がありますので、フォームに必要な情報を入力して送信するだけです。

どうしても、職業訓練を選ぶとしても、かいご畑なら求人を探すだけでもかなり役に立ちますよ。

訓練修了後の手続きについてや、就職が決まらないときの対処法については、こちらの記事で解説をしています↓

【解説】職業訓練で就職できなかったら?【訓練校はしつこい】

終わりに

職業訓練はあまりおすすめできるものではないので、ぜひこの記事を参考にして頂けたらと思います。

悪質な訓練校の、被害に合う方がいなくなることを願っています。

下記に、かいご畑へのリンクをはっておきます。

かいご畑↓

最後まで読んで頂きありがとうございました!