【ブラック企業】退職後も仕事の夢を見続けました【心の傷は深い】

ブラック企業からは、退職をしてしまえばそれで終わりではありません。

数年間にわたって、仕事の夢に悩まされることも珍しくありませんし、自身の心の傷は相当に深いです。

はじめに

ブラック企業を退職しました、作業療法士のコージです!

さて、最近はYouTubeに力を入れているので、久しぶりのブログ更新です。

退職をしてから、3年になりますが、今朝は仕事の夢にうなされて目が覚めました↓

今朝は #ブラック企業 にいたときの夢を見て、うなされながら4時に目が覚めてしまいました😱

夢の内容は、はっきりとは覚えていませんが、なんだか今日は気分がすぐれません。

退職してから約3年が経つにもかかわらず、心の傷は深いようです。ブラック企業は、すぐに辞めるのが吉ですね🤔

自分の中では、完全に克服したと思っていたために、かなり驚いています。

ブラック企業からは、すぐに辞めるべきですね。

退職後も仕事の夢にうなされ続けた私の実例

ブラック企業を退職してから、3年が経ちましたが、仕事の夢にはうなされ続けました。

ここ最近は、落ち着いていたので、今朝の悪夢は約1年ぶりです。

職場でつるし上げられる夢

今朝に見た仕事の夢は、職場で上司や同僚から、罵倒されてつるし上げられるといった内容でした。

細かい部分については、はっきりとは覚えていませんが…

うなされながら、朝の4時に目が覚めると、体中が寝汗でびっしょりと濡れていました。

その後、布団から出てトイレに行き、再び眠りにつこうとしましたが、さっぱりと寝れません。

ブラック企業では、自分のデスクすら存在せず、物を隠されたり嫌がらせを受ける毎日でしたが、地獄のような日々が一気にフラッシュバックしてきます。

もうすでに、終わったことだと自分に何度も言い聞かせていますが、この記事を執筆している現在も気分が悪いです。

なんというか、気分が一日中どんよりとしており、憂鬱な感じです。

退職をしてから、3年が経過しても今だに悪夢を見るとは、自分でも本当にビックリしています。

退職後1年は毎日のように悪夢を見続けた

ブラック企業に在職中も、仕事の夢には悩まされていましたが、退職後1年間は毎日のように悪夢を見続けていました。

退職後には、失業保険を受給しながら職業訓練に通っていましたが、熟睡することができず毎日が寝不足だったことを覚えています。

夜中に何度も目が覚めたり、自分の「わー!」という叫び声で飛び起きたり、朝起きると号泣していたりといったことが、退職後も1年ほど続いていました。

ブラック企業から、退職することができた時には

「これで明日からゆっくりと眠れる」

と思いましたが、それは勘違いだったようです。

ブラック企業での経験は、自分の想像以上に、傷は深いのかもしれません。

仕事の夢を頻繁に見るのは危険信号です

実は私は、精神分野が専門であり、勤めていたブラック企業は精神科の病院です。

あまりのブラックさに、当時は正常な判断ができていませんでしたが…

仕事の夢を見るという事は、自身には相当なプレッシャーがかかっているということであり、ヤバい状態です。

あなたは眠れていますか?

この記事を、読んでくださっているあなたは

「ブラック企業 仕事の夢」

などのキーワードで検索をして、当ブログに訪れてくれたのではないでしょうか。

そんな、あなたに一つ大事な質問がありますが

夜はしっかりと眠れていますか?

仕事が好きすぎて、夢の中でも働いているとかであれば別ですが、仕事の夢に悩まされるのはすでに普通の状態ではありません。

仕事が終わってから、帰宅後にはゆっくりと夜は眠ることが普通ですし、それが当たり前です。

会社での昇進がきっかけだったり、重要なプロジェクトを任せられたり、様々なプレッシャーが自身にかかっていると、仕事のことが夢に出てきやすくなります。

私もそうでしたし、自分では大丈夫だと思うかもしれませんが、これは危険信号です。

夢にうなされるならまずは仕事を休もう

仕事の夢に、うなされているのであれば、まずは休養をとることが絶対に先決です。

傷病手当金を活用しよう

仕事の夢に悩まされたり、夜も眠れない状態ということは、心身には確実に不調をきたしているはずです。

体の不調が原因となり、仕事を連続して4日以上休む場合には、傷病手当金を利用することができます。

傷病手当金とは、雇用保険に加入をしていれば誰でも利用できる制度であり、給与の3分の2に相当する金額を受け取ることが可能です。

傷病手当金については、YouTubeでも詳しく解説をしていますので、ぜひ一度はご覧ください。

この動画は、難病患者としての視点から傷病手当金について解説をしたものですが、誰でも利用できる制度ですし、参考になるはずです。

仕事の夢にうなされたり、熟睡できない日々が続いているのであれば、絶対にすぐに受診をしてください。

体を壊してしまったり、取り返しのつかないことになってからでは、本当に遅いですよ。

終わりに

最後に、もう一度いっておきますが、仕事の夢を見るということは、普通の状態ではありません。

仕事が終わって、帰宅してからはゆっくりと体を休めたり、ぐっすりと眠れるのが当たり前です。

仕事の夢にうなされたり、ブラック企業ならすぐに辞めましょう↓

【ブラック企業を辞めたい人へ】1年で退職してみた件【問題ナシ】

また、こちらの記事では失業保険や利用できる様々な制度について、詳しく解説をしています↓

【仕事が怖い】これを読めば解決です【合法的に逃げよう】

上記の記事では、かなり細かく制度について紹介をしているので、ぜひご一読ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

難病の私ですが、現在はフリーランスとして在宅で仕事をしています。

ここまでくるには、かなりの遠回りをしてしまったため、効率的にWebデザイナーになる方法を解説しました。

この方法なら、お金をかけずに、無料でスキルを身に着けることも可能です。

自分のすべてを注ぎ込んで執筆をしたので、在宅ワークを考えている方はぜひご参考ください↓

【Webデザイナーになるには?】職業訓練は無理です【効率的な方法】

 

国の障害者雇用の水増し問題は記憶に新しいですが、公的機関であるハローワークの実態もかなりひどいものになっています。

こちらの記事では、難病の私が実際に、ハローワークの専門援助を受けた経験を紹介しています。

合わせて、障害者雇用専門の転職エージェントについても解説をしているので、障害者手帳をお持ちの方は参考にして頂ければと思います。

ハローワークの専門援助は、最低でした↓

【障害者雇用】ハローワークの専門援助はやめとけ!【最低です】