【作業療法士がレクリエーション中】に看護師から怒鳴られる病院【体験談】

2020年1月31日

私がいた精神科病院では、作業療法士がレクリエーションをしていると、看護師から監視され、怒鳴り声がとんでくる恐怖のレクリエーションが行われていました。

そのため、誰もレクリーダーをやりたがらず、新人の作業療法士が毎日のように押し付けられるのです。

監視や怒鳴り声は患者さんにもおよぶため、かなり異様な雰囲気でした。

はじめに

ブラックすぎる精神科Y病院にいました、作業療法士のコージです!

新卒一年目に就職してしまったこの病院では、毎日のように恐怖のレクリエーションをやらされていました。

一年半後に退職するまで、看護師や先輩の作業療法士たちから文句を言われ続けました。

この精神科病院では、新人を怒鳴るだけではなく、患者さんを叩いたり日常的に虐待をする人まで存在するのです。

今回は、私が新人の頃に経験した、実際の体験談となります。

新人に押し付けられるレクリーダー

生贄

Y病院の作業療法士は全員合わせて9人いましたが、課長を除いた全員が経験1~2年目の作業療法士でした。

私と課長、そして同期のA君を除いた全員が女性であるため、私とA君の立場は最悪です。

Y病院に作業療法士として就職してから3日後、さっそく事件が起こることになります。

午前のレクリエーションが始まる5分前に、先輩OTのUさんからレクリエーションをやるようにと強要されました。

何も準備をしていないこと、患者さんの名前などもまだ覚えていないことなどを伝えましたが

「いいからやって! 二日間見てたでしょ!」

と舌打ちをされ、強制的にレクリーダーをやらされることになります。

棒体操用の新聞紙を巻いた棒を、作業療法室で見つけ、棒体操をやることにしました。

この病院の作業療法士が、誰もレクリエーションをやりたがらない理由を、このあとすぐに身をもって知らされることになります。

恐怖のレクリエーション

悪夢

棒体操を始めようとすると

「今日はあいつがやんの?」

「あいつ新人じゃね?」

などといった声が聞こえてきました。

おそるおそる周りを見渡すと、看護師や看護助手が、壁に寄りかかって両腕を組みながら監視をしていました。

ナースステーションのイスに座り、頬杖をつきながらこちらをにらみつけてくる人もいます。

やりにくいなと思いながら、棒体操を始めてすぐのことでした。

看護師が

「ちゃんとやれよ!」

と棒で患者さんの背中を思いっきり叩いたのです。

バシッ!!! っとものすごい音がしたため、棒体操を一時中断して注意をしましたが

「〇〇さんダメだよーちゃんとやらなきゃー」

と看護師たちは爆笑していました。

棒体操を再開すると

「起きろー!」

などと言いながら、患者さんの頭をバシバシと叩く人

「つまんねーわ」

などと私に向かってヤジをとばしてくる人など様々です。

この異様な雰囲気のため、頭が真っ白になり、先輩の作業療法士たちに視線を送ると、私を指さしながら馬鹿にした様子で笑いあっていました。

レクリエーション終了後はダメ出しをされる

ダメ出し

なんとかレクリエーションを終えると、Uさんのデスクの隣に立たされ、ダメ出しが始まりました。

時間配分がなっていない、次は計画を立ててからやるようになどと嫌味を言われました。

周りの作業療法士は、その光景を見ながらクスクスと笑っていたのです。

このダメ出しは何を言っても否定され、いつまでたっても終わることはありません。

「もう一個気になったんだけどさぁ」

と延々と嫌味を言われ続けます。

Uさんの気が済むまで続けられ、正解などありませんでした。

ダメ出しは、この日だけではなく、これからも毎日続くことになります。

この後、同期のA君にこの件を話すと、A君も私とまったく同じことをされたそうです。

レクリエーションの直前に急にレクリーダーを押し付け、戸惑っているA君を指さしながら爆笑していたそうです。

完全に確信犯でした。

この日をきっかけに、私とA君に恐怖のレクリエーションを押し付けられる日々が始まります。

どんなに工夫してレクリエーションを行っても、看護師や看護助手から怒鳴られ、文句を言われます。

認知症病棟でお手玉を使用していると

「お手玉とか原始的な道具使って何が面白いの!?」

と怒鳴られたこともありました。

終了後には、毎回先輩OTのデスクの隣に立たされて長時間のダメ出しです。

ダメ出しをするわりには、他の作業療法士がレクリエーションを行っている場面を見たことは一度もありません。

終わりに

この病院は一年半で退職しましたが、この病院から作業療法士として学んだことは何もありません。

断言しますが、ブラックな職場にいても成長できませんし、完全に時間のムダです。

散々ダメ出しをされましたが、ただのパワハラでした。

指導とパワハラはまったくの別物です。

もしあなたが私と同じようにブラックな職場にいるのなら、今すぐに辞めるべきです。

搾取されるだけであり、時間をムダにしてしまうだけですよ。

私はPTOT人材バンクという転職サイトを使用して、条件の良い職場に転職を成功させました。

ブラック病院がなくなることを願っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

PTOT人材バンクについて詳しくはこちらの記事で解説しています↓

PTOT人材バンクの評判ってどうなの?現役OTが使ってみた

 

私作業療法士コージによるライン@での無料相談を実施しています。

あとから料金が発生するといったことは一切ありません。

無料ですが、多くの方に情報を届けたいと考えているため、SNSなどで当ブログや記事の紹介をして頂けると有難いです。

精神科作業療法についてや、聞いてみたいこと、相談してみたいことなど、なんでも結構です。

お気軽に追加してみてください!

LINE@の友達追加はコチラからどうぞ!友だち追加