【職業訓練】講師がひどすぎた件【悪質すぎ】

2020年1月31日

求職者支援訓練では、民間企業の社員が講師をしていますが、その実態はあまりにもひどいです。

気に入らない生徒に嫌がらせをしたり、人間性が低いような人も多く存在しています。

職業訓練の講師がひどい理由を、解説してしてきます。

はじめに

講師がひどすぎる職業訓練に通っていました、作業療法士のコージです!

私が通っていた職業訓練は、民間企業に委託されている求職者支援訓練Webデザイン科になります。

この、民間企業に委託されているということがポイントですが、講師は先生ではありません。

そして、講師の質はあまりにも低すぎます。

職業訓練の講師は質が低い理由について

疑問

職業訓練には、国が運営をしている公共職業訓練と、民間企業に委託されている求職者支援訓練の二種類があります。

国が運営をしている公共職業訓練の数はかなり少ないため、職業訓練のほとんどは、民間企業が運営をしている求職者支援訓練になります。

つまり、職業訓練の講師は、「民間企業の社員」ということです。

そして、ただの社員ではありません。

職業訓練をやるような企業は、訓練を実施することで得られる助成金や、生徒を就職させることで受け取れる報奨金に頼らざるを得ないような企業です。

訓練をやるためには、授業ができるような教室を確保したり、生徒の人数分のパソコンを揃えたりする必要がありますが、その会社の事業が上手くいっていれば、そちらに集中するはずですよね。

つまり、求職者支援訓練を運営している企業の実態は、「経営が厳しい企業」ということになります。

講師は「経営が厳しい企業の社員」であり、質が低いうえに、助成金や報奨金さえ受け取れれば、生徒がどうなろうが知ったことではないと考えているのです。

こんな人たちが講師をやっているので、人間性は最悪です。

講師にとって重要なのは、とにかく自分の会社に金を入れることであり、そしてそこに自分の立場や給料がかかっています。

職業訓練の講師は、生徒のことなどまったく考えていません。

職業訓練の講師は金だけを目的にしている

お金

私が通った求職者支援訓練のWebデザイン科は、定員割れをしていましたが、訓練前に面接がありました。

講師が二人イスに座っていましたが、腕と足を組んでおり、かなり態度が悪かったです。

面接では

・この辺りの地域は田舎であるため、IT関係の求人はほとんどないこと

・求人があったとしても経験者のみの募集がほとんどであり、未経験からは難しいこと

・IT業界やWebデザイナーに就職することは無理だと思うが、訓練修了後はどこでもいいから絶対に就職してもらう

といったことを、一方的に言われました。

面接というよりは、すべての生徒が、一方的に脅された感じです。

就職については、とにかく強要をされました。

講師からは

「これを守れねーんだったら、不合格にしてやるからな」

とも言われましたが、むしろ面接で不合格になっていた方がよかったのかもしれません。

何のための訓練なんだよという話ですが、講師は報奨金のことしか頭にありませんでした。

訓練修了後は、3カ月以内に生徒が就職することにより、訓練校には報奨金が支払われるからです。

正社員だけではなく、パートやアルバイトの場合や、訓練と関係のない分野であっても、就職をさせたと見なされます。

職業訓練の講師は、とにかく金に汚いです。

職業訓練の講師の授業はひどすぎる

タイピング

訓練中、講師の授業はかなりひどかったです。

というよりも、授業は全然ありませんでした。

一日の授業は50分×5コマありましたが、ほとんどが自習です。

講師が講義をやる場合もありましたが、1コマ目に20分程度だけ、適当にやって終わりでした。

生徒に一日中ひたすら自習をさせ、講師は教室の目の前でパソコンを使用し、自分の仕事をしているだけです。

質問をすると

「こんなことも分からないのか!」

などと、めちゃくちゃに怒鳴られます。

いやいや、分からないから訓練に通っているのですが…

訓練が始まった頃はチラホラ質問をする生徒がいましたが、講師から怒鳴り散らされるために、質問をする生徒はすぐに誰もいなくなっていきました。

訓練中は、毎日がまるでお通夜のような雰囲気でした。

職業訓練の講師の授業は、最悪です。

職業訓練の講師は気に入らない生徒に嫌がらせをする

人権侵害

最初に説明をしましたが、講師は経営の厳しい企業の社員であるため、常にストレスがたまっています。

求職者支援訓練の講師たちは、いつも不機嫌でした。

教室のすぐ隣の事務所からは、社員同士が言い争う声もしょっちゅう聞こえ、講師はいつもピリピリとしていました。

講師のストレス解消のために、気に入らない生徒や、成績があまり良くない生徒は嫌がらせのターゲットになってしまいます。

この訓練校からは、何人もの途中退校者が続出していました。

なかには、障害者の方が講師からの嫌がらせが原因となり、訓練中に体調を崩して入院したケースまであります。

ターゲットにされてしまった生徒は、放課後に別室で延々と怒鳴られたり、自主退校をするように迫られたりしていました。

職業訓練の講師は、人間性が最悪です。

職業訓練の講師は自分の評価だけを気にしている

アンケート

職業訓練の講師や訓練校は、生徒がどうなろうが知ったことではなく、自分の評価だけを気にしています。

国の調査機関が、訓練の授業についてや、進み具合、満足度などについてのアンケートをとりにきたことがありました。

その際には、事前に講師から、絶対に悪い評価をしないようにと強要をされました。

調査機関の人が

「匿名であり個人を特定できるものではないため、正直に書いてほしい」

と言っていたことや、アンケート中は講師が教室から出ていたことから、私は正直にアンケートを書きました。

その後、私が通っていた訓練校には指導が入ったようですが、なんと犯人捜しが行われます。

生徒の間で、私が長々と時間をかけてアンケートを書いていたことから、私が記載したとバレてしまいました。

ある日突然、放課後に別室へと呼び出され

「お前が書いたのか?」

と尋問されることになります。

私は職業訓練受講給付金を貰っていたため

「給付金が支給される条件が厳しいのではないかと、アンケートに書きました」

などと言って誤魔化そうとしましたが、講師たちは完全に私を疑っていました。

そしてその日から、講師の私に対する態度がガラッと変わります。

ついに、私も嫌がらせのターゲットになってしまいました。

職業訓練受講給付金を受け取っていたため、最後まで通いましたが、挨拶をしても無視されたりと、精神的にもかなりきつかったです。

これが原因となり、訓練修了後のハローワークに提出する受講者アンケートは、すべての生徒が、講師の目の前で記入をさせられました。

職業訓練校と講師は、自分たちのことしか考えていません。

終わりに

これが講師の実態なので、職業訓練からはまともに就職をすることができません。

私が通った訓練からも、まともに就職をすることができた生徒は一人もいませんでした。

職業訓練と同じように、完全に無料で通うことができるスクールが存在するため、そちらに通うことをおすすめします。

職業訓練には税金が使われていますが、こうしたスクールは生徒が就職した企業から直接報酬を受け取っています。

そのために、圧倒的に質が高いのが特徴です。

こちらの記事では、職業訓練と無料のプログラミングスクールについて比較をしています↓

【職業訓練】IT関係のコースをおすすめしない理由【就職不可能】

無料で介護資格を取得するなら、職業訓練よりもカイゴジョブアカデミーがおすすめです↓

【介護職員初任者研修】ハローワークはやめとけ!【最悪です】

また、こちらの記事では、職業訓練で就職が決まらない場合の対処法を解説しているので、ご参考ください↓

【解説】職業訓練で就職できなかったら?【訓練校はしつこい】

悪質な職業訓練の、被害に合う方がいなくなることを願っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

私作業療法士コージによるライン@での無料相談を実施しています。

あとから料金が発生するといったことは一切ありません。

無料ですが、多くの方に情報を届けたいと考えているため、SNSなどで当ブログや記事の紹介をして頂けると有難いです。

職業訓練についてなど、どんなことでも結構です。

聞いてみたいこと、話してみたいとかでも全然OKですよ。

お気軽に追加してみてください!

LINE@の友達追加はコチラからどうぞ!友だち追加

 

おすすめ記事↓

【ブラック企業を辞めたい人へ】1年で退職してみた件【問題ナシ】

【ブラック企業からの退職】有利にするためにやったこと【全公開】

【職業訓練】からWebデザイナーになれる?【無理です】