【看護師】給料が低い職場の実態について【異常な環境です】

2020年6月18日

断言しますが、看護師の給料が低いような職場はブラックすぎますし、かなり異常な環境です。

人間関係は最悪であり、パワハラや陰湿なイジメも横行しています。

そんな職場は、もうどうしようもありません。

はじめに

ブラックすぎるY病院にいました、作業療法士のコージです!

この病院の看護師の給料は低すぎるために、看護師のストレスはたまりまくっていました。

看護師の給料が低い職場の実態について、解説をしていきます。

看護師の給料が低い職場の人間関係は最悪です

看護師

看護師は夜勤などもあり激務ですが、それで給料が低いとしたら、半端じゃなくストレスがたまりますよね。

私がいたブラックすぎるY病院の看護師たちは、ストレスがたまっているために、いつもピリピリとしていました。

いつもイライラしている状態なので、病院の人間関係は最悪です。

さらには看護師のストレスを、自分より下の立場である看護助手や介護士、患者さんへと向けるような人も多く存在していました。

人間関係が最悪どころか、パワハラや陰湿なイジメが平気で行われており、私物が隠されたり無くなったりするようなレベルです。

看護助手の結婚指輪が無くなったり、新人の看護師がうつ病を発症して退職していったり、まるで無法地帯のようになっていました。

医療ではチームアプローチが重要だといわれますが、そんな病院ではチームアプローチを実施することは絶対に不可能です。

関係性が悪すぎるために、業務に必要な連絡を他の人にわざと伝えないような、意地悪な看護師も多かったです。

申し送りやカンファレンスも、完全にデタラメであり、スタッフ同士で情報を共有することが全くできていませんでした。

看護師の給料が低い職場では、人間関係が最悪であり、チームアプローチすら実施できていないのが実態です。

つまり、患者さんに対して、「質の低い医療」しか提供できていないということですね。

給料の低い看護師は技術が低すぎる

採血

看護師は世間では一般的に、わりと高給取りだといわれますし、需要はかなり高いです。

そのために、いくらでも転職することが可能ですよね。

大学病院や総合病院などで、看護師としてバリバリ働いたり、個人医院やクリニックなどでのんびりと働いたり、選ぼうと思えば様々な場所や働き方を選ぶことができます。

何も看護師の給料が低いような場所に、いつまでもしがみついている必要はありません。

現在の給料に不満があるのであれば、条件の良い場所に、転職をすればいいだけの話です。

それができないということは、つまりそういう場所にしか居場所がないということです。

ブラック病院の看護師たちは、看護技術が低すぎる人達の集まりでした。

採血をまともにできる看護師すらおらず、何度も何度も患者さんの腕に針を刺しては、失敗を繰り返します。

そして失敗するたびに、患者さんの両腕が腫れあがり、絆創膏だらけになっていきました。

患者さんが痛がって、苦しんでいる様子を見ても、面白がって爆笑したりと人間性を疑うような人も多かったです。

あげくの果てには、衛生観念もまるでなく、手洗いや手指の消毒すらせずに、ケアや処置を行うような看護師ばかりです。

実際に、医療ミスや事故が何度も起きたり、インフルエンザなどの感染症が患者さんや職員の間で拡大し、何人もの患者さんが亡くなっています。

あまりにもひどすぎるので、保健所から直接の指導が入ったこともありました。

また、この病院の看護師が記録したカルテは、日本語が意味不明すぎて、さっぱり読めません。

文章がおかしいうえに、医学的知識も全くない人ばかりが記録するので、世にも不思議なカルテが出来上がります。

カルテの記録をしているフリをして、インターネットショッピングをしている看護師もいましたが、頭がおかしすぎですね。

給料が低い職場にいるような看護師は、知識や技術が低すぎる人しか存在しないのが実態です。

そんな人達と一緒にいると、自分までもが看護師としてダメになってしまいますよ。

看護師の給料が低い職場は無法地帯です

監視カメラ

結婚指輪が無くなった人がいたり、新人の看護師がうつ病になって退職していったり、Y病院が無法地帯なのは最初に紹介しましたが、ここからは完全にヤバすぎたエピソードを紹介していきます。

私がブラックすぎるY病院にいた頃は、あまりにも無法地帯すぎて、本当にここは日本なのかと疑うくらいでした。

まず、この病院のボーナスについてですが、院長査定によるものとなっています。

しかしその実態は、査定どころか院長のただの個人的な好き嫌いです。

院長に嫌われて、評価がマイナスになってしまうと、なんと罰金です。

それも、一人や二人ではなく、何人もの職員が罰金となり給料から天引きをされていました。

賞与が貰えたとしても、微々たるものではありますが、ただでさえ少ない給料から天引きをされると、生活が余計に苦しくなってしまいます。

生活が苦しい看護師たちは、病院の倉庫から大量にティッシュやトイレットペーパーなどの備品を、大量に盗んで持ち帰っていました。

給料が低すぎるために、看護師が泥棒になるレベルでしたが、あまりにも大量に無くなるために、病院中に監視カメラが増設されていきました。

信じられないことに、この病院では生活が苦しい職員に対して、高額な利子付きでお金を貸すということも行われています。

一度病院からお金を借りてしまうと、借金は雪だるま式に増えていく仕組みになっていましたが、もはや闇金融のようでした。

病院に借金をしてしまっために、辞めることもできなくなり、何十年も奴隷のように働き続けている、高齢のおばあちゃんのような看護師も多いです。

もう本当に、ここは病院どころか日本にいるのかさえも疑わしいくらいでした。

それもそのはず、実際に日本語が通じないのです。

介護業界では、外国人労働者を受け入れる政策が進んでいますが、Y病院の介護士は無資格の中国人しか存在しませんでした。

本来であれば、無資格者が体に直接触れる介護を行うことは、完全な違法行為であり、最低でも介護職員初任者研修の資格が必要になります。

そんな無資格の中国人に対して、Y病院の看護師たちは嫌がらせを繰り返していましたが、介護士の怒りの矛先が患者さんに向けられるという、負の連鎖です。

介護士たちは、片言の日本語で患者さんを怒鳴りつけたり、叩いたりと虐待を繰り返していました。

中国人の介護士が日頃の恨みから、ある日突然ブチギレて、病院の社用車をボコボコした事件が起きたこともあります。

Y病院は極端すぎるかもしれませんが、看護師の給料が低いような場所は、異常な環境になっているのが実態です。

終わりに

看護師のあなたの給料が低いのであれば、はっきりいって異常な状態です。

そんな職場に将来性はありませんし、どうしようもないので、今すぐに転職をすることをおすすめします。

こちらの記事では、看護師が会社都合で、有利に退職をする方法について解説をしています。

すぐに失業保険を受け取ることが可能になるので、ぜひご参考ください↓

【看護師】会社都合で有利に退職しよう【徹底解説】

看護師が、東京で転職を考えるのであれば、この方法が最強です。

あなたが20代なら、最大で20万円を受け取りながら、優良企業に就職できますよ。

【東京】看護師がベストな転職をする方法【最強すぎた】

ブラック病院がなくなることを、願っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました!