【精神科】私がいた病院のヤバい看護師達3つの特徴

2020年6月18日

私がいた精神科Y病院では患者さんへの虐待行為が日常的に行われていました。

平成30年7月横浜市にある大口病院の看護師が入院患者の殺人容疑で逮捕されました。(点滴連続殺人事件)

私にはどうしても他人事とは思えません。

Y病院の看護師を例にヤバい看護師の特徴を解説していきます。

はじめに

ヤバい精神科Y病院にいました作業療法士のコージです!

Y病院の看護師達は患者さんへの虐待行為は当たり前、介護士・看護助手に全ての雑用を押し付けて遊んでいる人達ばかりでした。

土日祝休み、賞与〇カ月分といったウソの求人情報で人を集めていましたが、まともな人はすぐに辞めていきます。

そのためY病院には完全にヤバい人達しかいませんでした。

院内感染

マスク

Y病院の看護師はとにかく汚いです。

洗濯もせずに毎日同じ白衣を着用しているため、白衣は真っ黒です。

真っ黒すぎて、もはや白衣と呼べるものではありませんでした。

手洗い・うがい、マスクなども全くしないのです。

アルコール消毒は一応置いてありますが、使っている人を見たことは一度もありません。

Y病院の看護師に衛生管理というものはありませんでした。

そうした状態で患者さんの処置を行うため、次から次へと院内感染が拡大していきます。

インフルエンザやノロウイルス、マイコプラズマ肺炎などの感染症が拡大し、亡くなる患者さんが多発するレベルでした。

あまりにもひどすぎて保健所から指導が入ったこともあります。

患者さんだけではなく、看護師の間でも感染症が拡大していきます。

ただでさえ人手不足なのに、さらに人手が足りなくなるのです。

この人達は本当に看護師なのでしょうか。

医療従事者として恥ずかしくないのでしょうかね。

ヤバい看護師の特徴として衛生管理ができないといったことがあげられます。

衛生管理は患者さんの命に関わるのです。

患者さんへの虐待

人を馬鹿にする

病棟から「助けてくれー! 助けてくれー!」と患者さんの叫び声が聞こえてきました。

看護師達が患者さんを取り囲み、リハビリと称して虐待していたのです。

何度も患者さんを立たせては床に突き飛ばし、その様子を見ながら看護師達は爆笑しています。

「ちゃんとリハビリしなきゃ今日の夕食抜きね!」と笑っている看護師長までいます。

詳しくは→精神科作業療法士が目撃したY病院で行われていた虐待行為

Y病院ではこうした患者さんへの虐待行為が日常的に行われていました。

Y病院の看護師達は自分達のことを特別な人間か何かだと勘違いをしていました。

患者さんを虐待し、介護士・看護助手に全ての雑用を押し付けナースステーションでふんぞり返っているのです。

イスにふんぞり返りながら病棟のテレビを観たり、雑誌や漫画を読んでいたり、病院のPCで遊んでいる看護師までいます。

ヤバい看護師の特徴として、自分を特別な人間だと勘違いしているということがあげられます。

この傾向は特に精神科で強いように感じられます。

患者さんが下、看護師が上などということは絶対にありません。

ヤバい看護師長達

危険

閉鎖病棟の中年男性看護師長は毎日裸足にサンダルでした。

両腕を組みながらウロウロと病棟を歩き回るのが特徴です。

そして気に入らない患者さんを見つけては大声で怒鳴りつけます。

「そこに座ってんじゃねーよ!」とイスに座ってデイルームのテレビを観ている患者様を怒鳴りつけたり、雑誌を読んでいるだけの患者さんを怒鳴りつけたりするのです。

何が気に入らないのかさっぱり理解できません。

認知症病棟の看護師長は金髪に厚化粧の中年女性です。

化粧や香水のにおいがプンプンします。

目の周りなんか真っ黒でまるでパンダのようでした。

看護師に香水と厚化粧は必要ありません。

私が担当していた開放病棟の看護師長は、作業療法のスタッフルームに怒鳴り込んできたことがあります。

そして私に一言「チクってんじゃねーよ!」と絶叫して出ていきました。

詳しくは→精神科作業療法士が目撃したY病院で行われていた虐待行為

いい歳した中年女性が「チクってんじゃねーよ!」です。

この師長はとにかく言葉遣いが汚く、しょっちゅう舌打ちをしていました。

これは当たり前のことかもしれませんが…

ヤバい看護師の特徴として、身だしなみ・言葉遣いが汚いといったことがあげられます。

衛生管理に通じる部分もありますが、服装や身だしなみがだらしない看護師には要注意です。

まとめ

まとめ

・手洗い・うがい、マスク、消毒などをせず衛生管理ができない

・服装や身だしなみが汚い

・自分を特別な人間だと勘違いをしている

本当にヤバい人は意外と普通の人だったりしますが…

私がいたY病院のヤバい看護師の特徴としてこの3つの傾向がありました。

なかでも自分を特別な人間だと勘違いをしているといった傾向が強かったように思います。

終わりに

点滴連続殺人事件は衝撃的な事件でしたが、医療従事者による患者さんへの虐待行為は頻繁に報道されています。

特に精神科は閉鎖的な空間ですし、日本の医療の中でも非常に遅れている分野です。

Y病院のような精神科病院や看護師は少なくないのではないでしょうか。

看護師が、東京で転職を考えるのであれば、この方法が最強です。

あなたが20代なら、最大で20万円を受け取りながら、優良企業に就職できますよ。

【東京】看護師がベストな転職をする方法【最強すぎた】

ブラック病院が少しでもなくなることを願っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました!