【精神科】看護師が使えない病院【病気も治りません】

2020年6月18日

特に精神科では、病院や医師によって治療には大きな差がありますが、看護師が使えない病院は治療の質も低いので病気も治りません。

精神科の使えない看護師の実態について、解説をしていきます。

はじめに

看護師が使えない精神科Y病院にいました、作業療法士のコージです!

この病院の看護師たちは、使えないどころか、「人間のクズ」でした。

精神科の看護師には、看護技術が低いだけではなく、医療従事者としてありえないような人間も多いです。

精神科に使えない看護師が集まる理由について

集合

精神科は他の病気とは異なり、目に見えるものではありませんし、医療のなかでも特殊な分野になります。

精神科はそんな特殊な分野になりますが、精神科の病院で働くことを選ぶ看護師の理由の多くは「楽だから」です。

もちろん、精神科の看護にやりがいを感じていたり、知識や技術のある人がいないワケではありませんが、多くの看護師が楽だからという理由で働いています。

精神科は他の診療科とは異なり、身体的な医療処置をする機会がほとんどありません。

採血や注射、点滴などの処置が必要な患者さんも一部いたりしますが、それでも総合病院などと比べたら精神科病院の看護師が技術を求められることは、限りなく少ないです。

大学病院などを経験している人ならまだしも、最初から精神科の病院に就職することを選ぶ看護師には、意識低い系が多いです。

看護師になるためには、学生のときに臨床実習に合格する必要がありますが、精神科の実習は他と比べてかなり楽なんですよね。

なんとなく看護師になって、楽だからという理由で、なんとなく精神科の病院に就職をする人も多かったりします。

私は看護師ではなく、作業療法士というリハビリ職になりますが、なんとなく作業療法士になった人には同じくこうした理由で精神分野を選ぶ人も多いです。

また、大学病院などでは、技術が低すぎて使えない看護師を、精神科の病棟へと飛ばす人事異動が行われることも少なくありません。

精神科の看護師は、技術が低いうえに医療従事者としての意識も低いので、使えない看護師が多いのです。

精神科の看護師は使えないうえに偉そうになる

呆れる

精神科については、あらゆる場所に鍵や監視カメラが設置されていたり、本当に閉鎖的な空間になります。

入院している患者さんの持ち物や、お金は病棟の看護師が管理をしているケースが多いです。

通常の病院や病棟とは異なり、部屋を出入りするだけでもいちいちカギを開けてもらう必要がありますし、売店で買い物をするだけでも看護師の許可が必要になります。

そのために、看護師と患者さんの間には上下関係が生じやすいのですが、自分が偉くなったかのように勘違いをする人が必ず出てきます。

もともと、「楽だから」という理由で精神科の病院で働くことを選んだような人達ですし、医療従事者としての信念などどこにもあったものではありません。

精神科という閉鎖的な空間で、非日常的な毎日を過ごしていくうちに、言葉遣いや態度は乱暴になっていきます。

私がいたブラックすぎる精神科Y病院でも、看護技術が低いにもかかわらず、とにかく上から目線で偉そうな看護師しかいませんでした。

採血すらまともにできないくせに、病棟のファイルやバインダーなどを使用して、患者さんの頭を叩いたり虐待をするような人間もいました。

そしてこれについては、私の推測であり確実なことはいえませんが、もしかしたら看護師としての負い目を感じている人もいるのかもしれません。

やはり、医療ドラマなどでもそうですが、大学病院などでバリバリ働いている看護師が花形ですし、ナースというとそういう姿を思い浮かべる人が多いと思います。

精神科で働いているというと、同じ医療従事者からは、「使えない看護師」だと思われたりすることも結構あります。

私がいたY病院では、評判が悪いこともありましたが、自分が精神科病院の看護師だということを、あまり周りには公言しないような人が多かったです。

自分が「使えない看護師」だと認めたくないために、上から目線になってしまうということもあるのかもしれませんね。

しかし、自分の看護技術や能力の低さを棚に上げて、患者さんに対して偉そうな態度をとったり、暴言を吐いたりしてもいいわけでは絶対にありません。

精神科の看護師が使えない病院は病気も治りません

DOWN

これはわりと事実だと思いますが、使えない看護師が多い精神科の病院では、患者さんの病気や症状が良くなるということはありません。

実名は伏せておきますが、私がいたブラックすぎる精神科Y病院については、実際にこんな口コミが書かれています↓

地元では、一度入院したら絶対に出られないと評判の病院です。この病院にかかって、良くなったという話を聞いたことがありません。

Y病院の評判は最悪であり、患者さんが絶対に良くならないことで有名でしたが、これは事実でした。

精神科の看護師が、身体的な医療処置を求められることは少ないですが、必要なものは患者さんに対する洞察力です。

精神的な病気や症状は、はっきりと目に見えるものではないため、患者さんの表情や言葉、態度などから読み取る必要があります。

医師の診察は、ごく短時間に限られますし、最も重要になってくるのは、患者さんの「普段の生活の様子」です。

なかには、早く退院したいがために、医師の診察のときにだけしっかりとした対応をする患者さんもいたりします。

幻聴や幻覚などの症状があるにもかかわらず、入院が長引くことを恐れて、診察では治ったと言い張るような方も多いです。

入院している患者さんが生活をしているのは、基本的に病棟や自室ですし、普段の生活の様子を最もよく知っているのは、看護師のはずです。

肝心の看護師が使えないということは、患者さんの評価を適切に行えないということであり、医師に必要な情報を提供することができないということです。

医師は一人で何人もの患者さんを診る必要がありますし、一人一人にかけられる時間はそれほど多くはありません。

目の前で診察するだけではなく、病棟や自室ではどのように過ごしているのか、カルテからの情報をもとにして精神科の医師は治療方針を決めていきます。

精神科に使えない看護師が多く存在すると、デタラメな治療方針が出来上がりますし、患者さんの病気や症状が良くなることは絶対にありません。

終わりに

あなたが医療従事者であり、周りに使えない看護師が多いなら、早めに見切りをつけて退職をするべきです。

そんな職場にいると、自分までもが使えない医療者になってしまいますよ。

ブラック病院から逃げるためには、私と同じ作業療法士であれば、こちらの記事をご参考ください↓

【PTOT人材バンクの評判】現役OTが使ってみた結果【全部書く】

看護師の方であれば、こちらの記事で有利に退職をする方法を解説しています↓

【看護師】会社都合で有利に退職しよう【徹底解説】

看護師が、東京で転職を考えるのであれば、この方法が最強です。

あなたが20代なら、最大で20万円を受け取りながら、優良企業に就職できますよ。

【東京】看護師がベストな転職をする方法【最強すぎた】

ブラック病院がなくなることを、願っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

難病の私ですが、現在はフリーランスとして在宅で仕事をしています。

ここまでくるには、かなりの遠回りをしてしまったため、効率的にWebデザイナーになる方法を解説しました。

この方法なら、お金をかけずに、無料でスキルを身に着けることも可能です。

自分のすべてを注ぎ込んで執筆をしたので、在宅ワークを考えている方はぜひご参考ください↓

【Webデザイナーになるには?】職業訓練は無理です【効率的な方法】

 

国の障害者雇用の水増し問題は記憶に新しいですが、公的機関であるハローワークの実態もかなりひどいものになっています。

こちらの記事では、難病の私が実際に、ハローワークの専門援助を受けた経験を紹介しています。

合わせて、障害者雇用専門の転職エージェントについても解説をしているので、障害者手帳をお持ちの方は参考にして頂ければと思います。

ハローワークの専門援助は、最低でした↓

【障害者雇用】ハローワークの専門援助はやめとけ!【最低です】