【性格が悪い】【作業療法士】の特徴を徹底解説してみる

2020年1月31日

あなたの病院や職場にも、性格が悪い作業療法士や理学療法士がいませんか?

そういう人に限って、知識や技術が低い人が多いんですよね。

私がいたブラックすぎる精神科病院の作業療法士は、1~2年目の作業療法士しかいないにも関わらず、性格が悪い人しかいませんでした。

私の実体験をもとに、性格が悪い作業療法士や理学療法士の特徴を解説していきます。

はじめに

ブラックすぎる精神科Y病院にいました、作業療法士のコージです!

この病院は、課長を除き、全員が経験1~2年目の作業療法士しかいませんでした。

作業療法士は全員合わせて9人いましたが、私と課長、同期のA君以外は全て女性です。

そのため、私とA君の立場は最悪であり、嫌がらせを受ける毎日でした。

一年半で退職しましたが、Y病院の作業療法士は、とにかく性格が悪い人しかいませんでした。

臨床実習に必ずいる・性格が悪いバイザー

パワハラ

作業療法士や理学療法士になるために避けて通れないのが、厳しい臨床実習です。

そうした臨床実習で必ずいるのが、とにかく性格が悪いバイザーですよね。

あなたも一度はこうしたバイザーにあたってしまったことがあるのではないでしょうか?

こういうバイザーに限って、具体的な指導は何もしてくれないんですよね。

質問をしたらしたで「そんなことも分からないのか」と怒られますし

質問をしなかったらしなかったで「やる気があるのか」と怒られます。

こういうバイザーには何を言ってもムダですし、正解はありません。

リハビリの実習はバイザーとの独特な上下関係や、体育会系のノリがあります。

こうしたリハビリテーション業界の独特な上下関係や、体育会系のノリが性格の悪いセラピストを作り出してしまうのです。

性格が悪いセラピストの特徴として

「自分が苦労したんだからお前も苦労しろ」

といった考え方を持っています。

こうした考え方に陥ってしまったセラピストは、学生さんや下の立場のセラピストに対してパワハラを繰り返してしまうのです。

リハビリテーションの大学や専門学校の風習や教育が変わる必要があるのではないかと私は考えています。

 

勉強や実習のことで悩んでいたり、辛い思いをしている学生さんがいたら、どうぞ私にご連絡ください。

記事下にLINE@の友達追加リンクを貼っておきます。

記事へのコメントや、お問合せからでもOKです。

現役の学生さんの意見を聞くことで、私も一人の作業療法士として成長できると考えています。

相談や意見、聞いてみたいことなど何でもどうぞ!

とにかく偉そうな療法士

ふんぞり返る

性格が悪い作業療法士や理学療法士には、とにかく偉そうな人が多いです。

私がいたブラックなY病院でも、経験1~2年目の作業療法士しかいないにも関わらず、とにかく偉そうな人達ばかりでした。

私たち作業療法士や理学療法士は、患者さんや利用者様から先生と呼ばれることが多いです。

こうした風習も、リハビリテーション業界独特のものですよね。

医師以外に先生と呼ばれる医療職は、作業療法士や理学療法士といったリハビリ職ぐらいです。

患者さんや利用者様から先生などと呼ばれているうちに、自分が偉くなったかのように勘違いをするセラピストが結構います。

一度勘違いをしてしまうと、患者さんや利用者様に対する言葉遣いや態度が乱暴になっていきます。

Y病院の作業療法士は患者さんに対して命令口調であり、中にはリハビリと称して虐待をする人までいました。

性格が悪いセラピストの特徴として、患者さんや利用者様を見下しているといったことが挙げられます。

作業療法士や理学療法士の立場が、患者さんや利用者様よりも上などということは絶対にありません。

患者さんや利用者様との関係は、あくまでも対等な関係です。

常にストレスが溜まっている療法士

人間関係

性格が悪いセラピストは、常にストレスが溜まっています。

作業療法士や理学療法士は、他職種との関係性人間関係が非常に難しい職業です。

医師や看護師など、様々な医療職の間に入らなければなりません。

更には医療職の間だけではなく、患者さんや利用者様本人と家族との間にも入らなければならない職業です。

性格が悪いセラピストは、そうしたストレスの矛先を、患者さんや利用者様に向けるのです。

Y病院では、看護師や看護助手さん達から、作業療法を遊んでいるだけだと言われ、他職種との関係性は最悪でした。

そのため、Y病院の作業療法士達は常にイライラしていました。

でも、そんなものは患者さんに全く関係がないんですよね。

作業療法の必要性や重要性を他職種に理解してもらえないのは、他でもなくY病院の作業療法士の責任です。

他職種との関係性が上手くいかないということは、チームアプローチが実践できていないという証拠です。

つまり、その作業療法士や理学療法士の質が低いということです。

性格が悪いセラピストには、知識や技術が低い人しかいません。

知識や技術、人望があれば他職種を納得させることができるはずです。

性格が悪い療法士ばかりの職場はブラックです

ストレス

あなたの職場に性格が悪い作業療法士や理学療法士しかいないのなら、間違いなくその職場はブラックです。

すぐに退職・転職することをおすすめします。

そうした人や職場からは、学ぶことなど何もありませんし完全に時間のムダです。

私は一年半で退職しましたが、Y病院から作業療法士として学んだことは何一つありません。

もっと早く退職するべきだったと後悔しています。

そういう人達ばかりの職場にいると、自分までもが性格の悪いセラピストになってしまいますよ。

環境は本当に大事ですし、そんな環境では成長することはできません。

作業療法士や理学療法士は医療系の国家資格ですし、完全に売り手市場です。

現在の職場を辞めたところで、条件の良い転職先はいくらでもあります。

私はPTOT人材バンクという転職サイトを使用して、条件の良い職場に転職を成功させました。

PTOT人材バンクについて詳しくはこちらの記事で解説しています↓

【PTOT人材バンクの評判】現役OTが使ってみた結果【全部書く】

終わりに

性格が悪いセラピストは、歪んだ考え方や価値観を持っています。

そのような人達には、何を言ってもムダですし、関わらないのが一番です。

就職したらとりあえず三年などとよく言われますが、そんなのはまったくのウソです。

三年も性格が悪いセラピストと関わっていると、自分までもがダメになってしまいます。

私は一年半でブラックなY病院を退職しましたが、別に何も困りませんでしたし、今も何も困っていません。

三年もブラックな職場にいると、こうした人達から洗脳されてしまいますよ。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

私作業療法士コージによるライン@での無料相談を実施しています。

あとから料金が発生するといったことは一切ありません。

無料ですが、多くの方に情報を届けたいと考えているため、SNSなどで当ブログや記事の紹介をして頂けると有難いです。

聞いてみたいことや相談してみたいことなど、なんでも結構です。

お気軽に追加してみてください!

LINE@の友達追加はコチラからどうぞ!友だち追加

 

おすすめ記事↓

【PTOT人材バンクの評判】現役OTが使ってみた結果【全部書く】

【看護師】一年目でも辞めるべき理由【体験談】

【介護士】が看護師からいじめられるような職場は辞めるべき【体験談】