【作業療法士の休日】絶対に出勤するな!【迷惑です】

2020年1月31日

作業療法士や理学療法士には、休日に出勤して仕事をする人も多いですよね。

ですが、無給での休日出勤はするべきではありませんし、はっきりいって迷惑です。

はじめに

絶対に休日出勤はしません、作業療法士のコージです!

ブラック病院にいたときには、無給での休日出勤をさせられていましたが、ただのやりがい搾取だと理解しました。

作業療法士の休日出勤はやりがい搾取です

やりがい搾取

作業療法士や理学療法士は、休みの日であっても職場に来ることを求められたりします。

そして、患者さんや病院のために「それが正しくて正義」だといった風潮がありますよね。

その分は給料が出たり出なかったり、ここは職場によるとは思いますが、私がいたブラック病院では完全に無給でした。

休日出勤をするときには、タイムカードを切ると、めちゃくちゃに怒られることになるので、絶対にタイムカードを切ってはいけませんでした。

このブラック病院は精神科病院なのですが、行事やレクリエーションなどのイベントがある日は、たとえシフトが休みになっていたとしても、強制的に手伝わされます。

人手不足が理由とされていましたが、それは完全に病院側の責任ですし、スタッフには何の関係もありません。

ブラックすぎるために、人が定着しないのが原因であり、現状の人手の範囲内で行事やレクリエーションの内容を考えればいいだけです。

患者さんや病院のために

「休日にも出勤して無給で仕事しろ」

という人や職場がよくありますが、洗脳されてはいけません。

それはただのやりがい搾取です。

やむを得ず休日に出勤する必要があるのなら、しっかりと給与や手当を支払うべきです。

「患者さんのため」と給与を支払わないことは完全に別問題ですし、話のすり替えになります。

スタッフを大事にできない病院が、患者さんのことを本当に考えているわけがありませんし、大事にできるわけがありません。

実際に私がいたブラック病院では、金儲けのことしか考えておらず、診療報酬の水増しといった違法行為も行われていました。

無給での休日出勤はただのやりがい搾取なので、決してだまされてはいけません。

作業療法士はむやみに休日出勤を引き受けない

拒否

作業療法士や理学療法士のあなたは、むやみやたらに休日出勤を引き受けてはいけません。

一度引き受けてしまうと断りにくくなり、次から次へと休日出勤を押し付けられるようになっていきます。

私はブラック病院で、積極的に先輩OTの仕事を手伝ったり、休日出勤をしていました。

その結果、ただの「都合のいい人」になってしまい、奴隷のように使われる毎日です。

ブラック病院の作業療法士は、下の立場の人間に無理やり仕事を押し付け、自分たちはスタッフルームで、お茶を飲みながらお菓子を食べているような人しかいませんでした。

患者さんや病院のためと考えることは、もちろん間違いではありませんし、作業療法士や理学療法士はとてもやりがいのある仕事です。

しかし、そのやりがいを利用しようとしてくる人も、多く存在しています。

現在リハビリテーション業界では、臨床実習でのパワハラなどが問題になっていますが、学生さんに全ての雑用を押し付けたり、自分が楽をすることしか考えていないような指導者も少なくありません。

ひどい実習地や指導者になると、学生の休日に病院に呼び出して、無理やり手伝わせたりするような人もいたりします。

臨床実習の話に少しそれてしまいましたが、むやみに休日出勤をしてしまうと、あなたのやりがいが都合よく利用されてしまうだけです。

作業療法士の休日出勤は害悪でしかありません

看護師

 

無給での休日出勤をするべきではない理由を解説しましたが、それでも自分が納得したうえで、たとえ無給であっても休日に出勤して仕事をする、といった人がいるかもしれません。

「自分が勝手にやってるんだから別にいいだろ」

といった理屈だと思いますが、それでもダメですし、害悪でしかありません。

周りの人からしたら、はっきりいって迷惑です。

またしても臨床実習の話になりますが、このようなことがありました。

私が学生のときに治療実習で行った病院では、実際の業務開始時間は8時からですが、学生と経験1年目の新人は、毎朝7時に来て掃除をしなければなりませんでした。

一応この清掃活動は

「一部の学生と新人が勝手にやっている」

ことになっており、あくまでも強制ではないとされています。

私は交通手段の関係で、どうしても7時半にしか病院に到着することができませんでしたが、これが大問題へと発展してしまいます。

あくまでも強制ではないとされていたはずですが

「学生としてあるまじき行為だ」

と周りから非難をされたあげく、私が通っていた大学にまで連絡がいき、大騒ぎになりました。

実際には、いやいやながらも毎朝7時に来て掃除をしている人も大勢いるはずですが、これが同調圧力です。

そしてこの実習で行った病院では、休日に駆り出される人も少なくありませんでした。

こんな環境では、同調圧力がかかってしまうために、断ることなどできるはずがありません。

無意味な休日出勤も、これと同じです。

休みの日に職場に来て仕事をするのはその人の勝手かもしれませんが、〇〇さんが休日出勤をしてるんだから、とムダな正義感を振りかざす人が必ず出てきます。

それを断れない周りの人や、下の立場の人からしたら本当にいい迷惑ですし、断ったとしたら白い目で見られることになってしまいます。

無給での休日出勤であっても、やる気があるのはその人の勝手ですが、関係のない周りの人や下の立場の人、学生さんなどを巻き込んでしまうだけです。

その勝手な行動が、リハビリテーション業界全体のやりがい搾取を助長させるだけなので、本人のやる気があったとしても、無給での休日出勤は絶対にすべきではありません。

終わりに

作業療法士や理学療法士に、無理やり休日出勤をさせるような職場は、間違いなくブラック企業です。

そんな職場にいても、やりがい搾取をされ、奴隷のように都合よく使われるだけですよ。

私はブラック病院で、休日を返上して働き続けた結果、体を壊して退職することになりました。

もしもあなたの休みが少ないのなら、転職をすることも選択肢の一つです。

休日の多い、条件の良い職場に転職をするためには、PTOT人材バンクという転職エージェントを活用するのがおすすめです。

PTOT人材バンクは、リハビリ職を専門にしているため、条件の良い求人情報が数多く掲載されています。

こちらの記事では、私が実際にPTOT人材バンクを使ってみたすべてを解説しているので、ぜひご参考ください↓

【PTOT人材バンクの評判】現役OTが使ってみた結果【全部書く】

ブラック病院がなくなることを、願っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

私作業療法士コージによるライン@での無料相談を実施しています。

あとから料金が発生するといったことは一切ありません。

無料ですが、多くの方に情報を届けたいと考えているため、SNSなどで当ブログや記事の紹介をして頂けると有難いです。

ブラック病院からの退職についてなど、どんなことでも結構です。

お気軽に追加してみてください!

LINE@の友達追加はコチラからどうぞ!友だち追加

 

おすすめ記事↓

【ブラック企業からの退職】有利にするためにやったこと【全公開】